演劇

第3回 福岡演劇フェスティバル チャンス枠参加作品

私たちの誠実さにはいつも, 何かしらの嘘が混じっている

village80%

西鉄ホール(福岡県)

2009/05/02 (土) ~ 2009/05/02 (土) 公演終了

上演時間:


village80% 結成5年目にして初の西鉄ホール進出、
福岡・北九州で活躍する多彩な客演を迎えての意欲作です。

【作品概要】

 ある女がいた。
 春の終わり 岬から落ちた。 
 “不在”となった。
 女には恋人がいた。
 恋人には忘れられない人がいた。
 女の葬...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

動画1

すべて見る

village80% 第7回公演
第3回 福岡演劇フェスティバル チャンス枠作品

『 私達の誠実さにはいつも, 何かしらの嘘が混じっている』
作・演出 高山力造

私たちは他者の視線に包まれて話す。

ある女がいた。春の終わり 岬から落ちた。"不在"となった。
女には恋人がいた。恋人には忘れられない人がいた。

二人は女の葬儀で再会する。
従弟はその形見の匂いを嗅ぎ 身につけて鏡の前に立つ。

彼女はそれを知らない。残された手紙の言葉。
別れ話を切り出せない女がいる。結婚を断られる男がいる。

私たちは 静かにその"不在" を語る。
世界は単純で ほどけないほど複雑で
私たちは誠実に 嘘を積み重ねていく。

出演
大竹謙作(ゲキダン:ロックンロールツアー)、大畑佳子(飛ぶ劇場)、古賀菜々絵、高木優一郎、宮地悦子(演劇集団フリーダム)、渡口陽子、イフクキョウコ、織田慎太郎、渡部光泰

公演詳細

期間 2009/05/02 (土) ~ 2009/05/02 (土)
劇場 西鉄ホール
出演 宮地悦子、大竹謙作、大畑佳子、古賀菜々絵、高木優一郎、渡口陽子、織田慎太郎、渡部光泰
脚本 高山力造
演出 高山力造
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,300円
【発売日】2009/03/01
一般 前売2,000円 / 当日2,300円
学生 前売1,000円 / 当日1,300円

サイト

http://mura8.net

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明
village80% 結成5年目にして初の西鉄ホール進出、
福岡・北九州で活躍する多彩な客演を迎えての意欲作です。

【作品概要】

 ある女がいた。
 春の終わり 岬から落ちた。 
 “不在”となった。
 女には恋人がいた。
 恋人には忘れられない人がいた。
 女の葬儀で再会する。

 従姉の形見の匂いを嗅ぎ 身につけて鏡の前に立つ。
 彼女はそれを知らない。残された手紙の言葉。

 別れ話を切り出せない女がいる。
 結婚を断られる男がいる。 

 私たちは 静かにその“不在”を語る。

 世界は単純で ほどけないほど複雑で
 私たちは誠実に 嘘を積み重ねていく。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/02/10 11:30 by 渡部光泰

[最終更新] 2010/01/05 19:32 by RIKIZO

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

渡部光泰

渡部光泰(3)

役者やります

RIKIZO

RIKIZO(19)

脚本演出やります。 よろしくお願いします。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大