演劇

E♭♯7

Ambivalence

E♭【e-flat】

pit北/区域(東京都)

2009/03/13 (金) ~ 2009/03/15 (日) 公演終了

上演時間:

Ambivalence[アンビバレンス]:同一の対象に対して、愛と憎しみや肯定と否定など相反する感情や態度が同時に存在すること。両面価値。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「98番 出なさい」

7年6ヶ月。
死刑が確定してから、執行されるまでの平均年数...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/13 (金) ~ 2009/03/15 (日)
劇場 pit北/区域
出演 青木隼、加藤大輔、嶋村高志、駒形夏月、平岡道子
脚本 桐ヶ谷健太
演出 仲光和樹
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,000円
【発売日】2009/02/13
前売、当日ともに2000円
サイト

http://e-flat.info/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Ambivalence[アンビバレンス]:同一の対象に対して、愛と憎しみや肯定と否定など相反する感情や態度が同時に存在すること。両面価値。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「98番 出なさい」

7年6ヶ月。
死刑が確定してから、執行されるまでの平均年数。

男 25歳 鈴木公平、死刑囚。
男 25歳 江藤勤、看守。

死刑確定者でありながら、穏やかに無言のまま日々を過ごす鈴木は、
自分の同級生でもあり国選弁護人でもある令子にすら、何も語ろうとしない、
そんな鈴木に江藤は興味を抱く。

鉄格子の内と外に隔てられた二人は、淡々とゆっくりと交流を始める。

死刑執行が迫るその夜、ある事をきっかけに、鈴木は堰を切ったように自分の過去と願いを江藤に話し始める。
沈黙のまま、ただ強烈に死を願ってきた鈴木の過去。
そして、朝を迎える。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2009/02/09 21:40 by カトウダイスケ

[最終更新] 2009/03/16 15:23 by カトウダイスケ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大