演劇

春のこどもの劇場

ちびっこカムのぼうけん

人形劇団プーク

紀伊國屋ホール(東京都)

2010/03/25 (木) ~ 2010/03/28 (日) 公演終了

休演日:なし

上演時間:

【おはなし】
火の山のふもとには、とっても元気のいい男の子、カムが病気の母親と一緒に暮らしていました。
ある日、カムはどんな病気でも治すという「イノチノクサ」が火の山にあると聞き、母親の病気をなおすために、トナカイのプルガとともに火の山に向かいます。けれどもそこは、おそろしい巨人ガムリイが...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2010/03/25 (木) ~ 2010/03/28 (日)
劇場 紀伊國屋ホール
出演 安尾芳明、大橋友子、滝本妃呂美、栗原弘昌、伊井治彦、小原美紗、山越美和、油利衆、朝倉和也
脚本 小松幹生(脚色)
演出 安尾芳明
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,000円
【発売日】
一般:3000円 友の会2400円、同伴2700円 
団体(15名様以上):2000円
サイト

http://www.puk.jp/repertory/kamu/kamu.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【おはなし】
火の山のふもとには、とっても元気のいい男の子、カムが病気の母親と一緒に暮らしていました。
ある日、カムはどんな病気でも治すという「イノチノクサ」が火の山にあると聞き、母親の病気をなおすために、トナカイのプルガとともに火の山に向かいます。けれどもそこは、おそろしい巨人ガムリイが住むという恐ろしい伝説の山。
そればかりではなく、イノチノクサを見つけるためには、ガムリイが持っている金の指輪が必要だというのです。
カムは森の動物たちの力を借りてガムリイに戦いを挑みます。

【解説】
この作品は、「くまの子ウーフ」ほか、優れた児童文学を世に送り出している、神沢利子さんの作品を人形劇化したものです。作品の魅力は、なんといっても大熊やトナカイ、大わしをはじめとする森の動物たちが、大自然の中でいきいきと描かれていることではないでしょうか。
人形劇団プークは、ダイナミックな自然を背景に、子どもたちの空想をかきたてるカムのぼうけん物語を、現代の子どもたちにお届けします。
その他注意事項 ※キャンセルについて
やむを得ない理由(急な病気など)のみ、キャンセルをお受けしております。
その他の場合は、振替や変更をお願いしております。
キャンセルの場合、公演当日でも構いませんので、開演前までに電話でご連絡ください。

<注意!>
無断でいらっしゃらなかった場合は、料金を請求させていただきます。ご了承下さい。
スタッフ 原作/神沢利子(理論社刊) 脚色/小松幹生 演出/安尾芳明
人形美術/山村エナミ 装置/斉藤英一 音楽/宮崎尚志
照明/井上 健・根橋生江 音響効果/伊藤美幸 舞台監督/伊井治彦 制作/清水治信

出演者/大橋友子、原山幸子、滝本妃呂美、柴崎喜彦、伊井治彦、山越美和、門田晃、油利衆、石島璃紗

公演時間:1幕45分 休憩15分 2幕45分 計1時間45分

[情報提供] 2009/02/04 14:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/01 17:28 by sachi

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大