演劇

青年団国際演劇交流プロジェクト2009・日仏交流企画

演劇

青年団国際演劇交流プロジェクト2009・日仏交流企画

鳥の飛ぶ高さ

青年団国際演劇交流プロジェクト

シアタートラム(東京都)

他劇場あり:

2009/06/20 (土) ~ 2009/06/28 (日) 公演終了

上演時間:

日本語・フランス語上演/日本語・フランス語字幕付き
spectacle franco-japonais (sous-titrage en francais et en japonais)

フランスを代表する現代劇作家ミシェル・ヴィナヴェール作"Par-dessus bord"の舞台を、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/06/20 (土) ~ 2009/06/28 (日)
劇場 シアタートラム
出演 山内健司、ひらたよーこ、松田弘子、志賀廣太郎、永井秀樹、天明留理子、太田宏、大塚洋、田原礼子、石橋亜希子、大竹直、畑中友仁、高橋広司(文学座)、フィリップ・デュラン、エルザ・アンベール、ナタリー・マテール、モアンダ・ダディ・カモノ
脚本 ミシェル・ヴィナヴェール、平田オリザ(翻案)
演出 アルノー・ムニエ、平田オリザ(演出協力)
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 3,500円
【発売日】2009/04/18
一般=3,500円/学生・シニア=2,500円/高校生以下=1,500円
世田谷区民=3,300円/劇場友の会=3,200円
サイト

http://www.seinendan.org/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 日本語・フランス語上演/日本語・フランス語字幕付き
spectacle franco-japonais (sous-titrage en francais et en japonais)

フランスを代表する現代劇作家ミシェル・ヴィナヴェール作"Par-dessus bord"の舞台を、現代の日本に置き換え、平田オリザがお届けするドロ沼企業買収劇。
超高性能便器を開発した日本の家族経営メーカーが、世界最大手のフランス資本便器会社に狙われる。
日仏合作の新型経済演劇をフランスの次世代を担うアルノー・ムニエが演出する。

-----------------------------------------------

【青年団国際演劇交流プロジェクト2009 日仏交流企画 『鳥の飛ぶ高さ』関連企画】

ヴィナヴェール×辻井喬 開催決定!!
『消費社会と芸術-文化的リーダーの役割』

パネリスト:ミシェル・ヴィナヴェール 辻井喬 アルノー・ムニエ
司会:平田オリザ

フランス演劇界において、戦後から1970年代までの栄光時代の一翼を担ったミシェル・ヴィナヴェール氏は、現在でもなお最も評価の高い劇作家の一人です。
20世紀の世界規模の企業経営者として財界を見守るかたわらで、社会と演劇の接点を探ってきたヴィナヴェール氏の初来日を記念して、同じく日本文化界の重鎮、詩人・作家の辻井喬氏(本名:堤清二/セゾン文化財団理事長)を迎え、記念すべき対面がここに実現します!

日時:2009年6月21日(日)16:30 START
※『鳥の飛ぶ高さ』終演後

会場:シアタートラム
世田谷区太子堂4-1-1 tel.03-5432-1526 http://setagaya-pt.jp
入場無料
*『鳥の飛ぶ高さ』公演チケットをお持ちの方は、どなたでもご覧いただけます。
*ラウンドテーブルご観覧希望のお客様で、6月21日(日)以外のご観劇日にチケットを会場でお受け取り予定の方は、
大変お手数ですが、青年団まで電話(03-3469-9107)にて、ご来場の旨お知らせください。

お問い合わせ>>>青年団 03-3469-9107
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
その他注意事項
スタッフ 原作:ミシェル・ヴィナヴェール texte original:Michel Vinaver"Par-dessus bord"
演出:アルノー・ムニエ mise en scène:Arnaud Meunier
翻案・演出協力:平田オリザ adaptation et collaboration artistique:Oriza Hirata

原作戯曲邦訳:藤井慎太郎 Shintaro Fujii
翻案戯曲仏訳:ローズマリー・マキノ・ファイヨール Rose-Marie Makino-Fayolle
通訳:原真理子 Mariko Hara
ドラマトゥルグ:シモン・シェママ Simon Shemama
演出助手:西村和宏
舞台監督:中西隆雄 Takao Nakanishi
舞台美術デザイン:カミーユ・デュシュマン Camille Duchemin
舞台装置:鈴木健介 Kensuke Suzuki
照明デザイン:フレデリック・グルダン Frédéric Gourdin
照明・字幕:西本 彩 Aya Nishimoto
音響デザイン:バンジャマン・ジョソー Benjamin Jaussaud
音響:泉田雄太 Yuta Senda
衣裳:有賀千鶴 Chizuru Ariga
宣伝美術:京 Kyo
宣伝写真:山本尚明 Naoaki Yamamoto
制作:西尾祥子(システマ) Sachiko Sawai-Nishio(sistema inc.)、西山葉子 Yoko Nishiyama、
横山 優 Yu Yokoyama、カリーヌ・ブランシュロ Karine Branchelot
総合プロデューサー:平田オリザ Oriza Hirata

主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
企画製作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
テアトル・ド・モーヴェズ・グレン(フランス文化・通信省、イルドフランス地方文化事業協定加入)
共同制作:パリ市立劇場、サン・カンタン・アン・イヴリン劇場、コメディー・ド・カーン
後援:キュルチュールフランス、在日フランス大使館、東京日仏学院、関西日仏学館

平成21年度文化庁芸術拠点形成事業

[情報提供] 2009/01/30 00:47 by mk

[最終更新] 2009/08/01 12:59 by pillowman

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大