演劇

文化庁主催 日本劇団協議会制作

HOW I LEARNED TO DRIVE

運転免許わたしの場合

デザイン:伊藤理佳

0 お気に入りチラシにする

演劇

文化庁主催 日本劇団協議会制作

運転免許わたしの場合

HOW I LEARNED TO DRIVE

劇団青年座

青年座劇場(東京都)

2009/03/25 (水) ~ 2009/03/31 (火) 公演終了

上演時間:

あの日を最後にわたしは自分の体のなかで生きることをやめました。
わたしは首から上の世界に退却して、以来ずっと頭の「火」のなかで生きてきました。

叔父さんの優しさ ひたむきさ 
それは 家族としての愛のはずでした
11歳の夏 運転の手ほどきを受けました。
すべては そこから始まりま...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/25 (水) ~ 2009/03/31 (火)
劇場 青年座劇場
出演 井上倫宏(演劇集団円・平成17年度派遣)、三浦純子(文学座)、大家仁志(劇団青年座・平成18年度派遣)、山上優(フリー・平成15年度派遣)、高田亜矢子(CUBE)
脚本 ポーラ・ヴォーゲル
演出 望月純吉(文学座・平成17年度派遣)
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】2009/02/02
前売・当日共に
サイト

http://seinenza.com/performance/gekidankyo/090325.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あの日を最後にわたしは自分の体のなかで生きることをやめました。
わたしは首から上の世界に退却して、以来ずっと頭の「火」のなかで生きてきました。

叔父さんの優しさ ひたむきさ 
それは 家族としての愛のはずでした
11歳の夏 運転の手ほどきを受けました。
すべては そこから始まりました。

1998年ピュリッツァー賞・オビー賞・ニューヨークドラマ評論賞・ドラマデスク賞 他

-------------------------------------------------------

新進芸術家育成公演等事業
文化庁芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)の成果

■文化庁芸術家在外研修
文化庁芸術家在外研修(平成14年度より新進芸術家海外留学制度)
文化庁では、将来我が国の芸術界を担う芸術家を養成するため、昭和42年度から若手芸術家を海外に派遣し、研修の機会を提供する「芸術家在外研修(新進芸術家海外留学制度)」を実施しています。 これまでに派遣された芸術家は2,700人を超え、現在の我が国芸術界の中核的な存在として国内外で活躍しています。
その他注意事項
スタッフ スタッフ
作:ポーラ・ヴォーゲル
訳:酒井洋子
演出:望月純吉(文学座・平成17年度派遣)
美術:石井みつる(平成13年度派遣)
照明:中山奈美(平成10年度派遣)
音響:小山田昭
衣装:出川淳子
舞台監督:八重樫慎一
映像:鈴木一成
チラシ写真デザイン:田野倉義規、Allison Moshe
チラシデザイン:伊藤理佳(アトリエ〔アール〕)
協力:井澤眞知子(ONE STAGE.INC)
制作担当:住田素子(平成9年度派遣)
制作:(社)日本劇団協議会

キャスト
井上倫宏(演劇集団円・平成17年度派遣)
三浦純子(文学座)
大家仁志(劇団青年座・平成18年度派遣)
山上 優(フリー・平成15年度派遣)
高田亜矢子(CUBE)

[情報提供] 2009/01/29 10:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/27 01:22 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大