演劇

チャーリーチャップリン生誕120周年公演

チャップリンの日本人マネージャー高野虎市の生涯

演劇

チャーリーチャップリン生誕120周年公演

ふたり芝居「チャップリンの影」

チャップリンの日本人マネージャー高野虎市の生涯

ステッキのチャップリン

そごう劇場(大阪府)

2009/03/16 (月) ~ 2009/03/16 (月) 公演終了

上演時間:

喜劇王チャーリーチャップリンの日本人マネージャー高野虎市の知られざる生涯

1961年広島。
喜劇王チャップリンの4度目の来日を前に、日本ではチャップリンブームが沸いていた。
そのころ、広島の平和公園に程近いマンションの一室では、一人の男がテレビでチャップリン来日のニュースを見ていた。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/16 (月) ~ 2009/03/16 (月)
劇場 そごう劇場
出演 上杉祥三、ユージン・アンソニー・チャップリン
脚本 大野裕之
演出 大野裕之
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,500円
【発売日】2009/03/03
自由席 3500円
Pコード  393-095 
サイト

http://www.chaplin.co.jp/docs/Osaka-Tokyo-event/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 喜劇王チャーリーチャップリンの日本人マネージャー高野虎市の知られざる生涯

1961年広島。
喜劇王チャップリンの4度目の来日を前に、日本ではチャップリンブームが沸いていた。
そのころ、広島の平和公園に程近いマンションの一室では、一人の男がテレビでチャップリン来日のニュースを見ていた。男の名は高野虎市(こうのとらいち)。マンション住人のうち、誰も彼が27年前まで、チャップリンの秘書を務めていたことを知らない。
静かにテレビを見ていた老人はやがてテレビに映ったかつてのボスの姿を見て声をあげた。。。。。
その他注意事項 アフタートークあり 
喜劇王チャーリーチャップリンの次男 ユージン・アンソニー・チャップリンと演出家 大野 裕之のトークショー「父チャップリンの知られざる思い出」 
★ 未就学児童入場不可
スタッフ バイオリン : 沖田 星子
ピアノ : 浜田 陽子

[情報提供] 2009/01/27 13:28 by まいまい

[最終更新] 2009/03/09 14:21 by まいまい

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

まいまい

まいまい(0)

  今度の舞台楽しみです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大