ハイバネカナタ

明石スタジオ(東京都)

2007/02/16 (金) ~ 2007/02/19 (月) 公演終了

上演時間:

語るべき事件はもう起きていた。
小説家の吐く言葉からは
力が抜け落ち、肉が削げ落ちていく
酷く乾く空気にさらされて、喉がはりつき、
世界は砂一面の黄色の世界。
生い茂っていた緑はもう、
水を汲み上げる事を止めた。

その砂漠の前、
黄砂吹き荒れる風に立ち向かっていると、
そ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/02/16 (金) ~ 2007/02/19 (月)
劇場 明石スタジオ
出演 椎谷陽一、小島ゆきこ、内海絢、桐生誠一(カノン工務店)、朱里、小松君和(神様プロデュース)、杉村こずえ、須藤純平、服部紘二
脚本 服部紘二
演出 服部紘二
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】
前売り2,300円、当日2,500円
千秋楽割引:2,000円
サイト

http://www4.pf-x.net/~haibane/kanariya/kanariya.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 語るべき事件はもう起きていた。
小説家の吐く言葉からは
力が抜け落ち、肉が削げ落ちていく
酷く乾く空気にさらされて、喉がはりつき、
世界は砂一面の黄色の世界。
生い茂っていた緑はもう、
水を汲み上げる事を止めた。

その砂漠の前、
黄砂吹き荒れる風に立ち向かっていると、
その風が体にまとわりついていく。
けれども、その風の音は聞こえない。
その風に阻まれ彼の言葉も聞こえない。

音をなくした世界は
全てを忘れたかのように変わらず動き、
やがてゆっくりと崩壊し、
破綻していった。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督 西廣奏
照明 南香織(CHIDA OFFICE)
舞台美術 小林奈月
宣伝美術 小島ゆきこ
選曲 服部紘二
制作 加藤ようこ(Run-Beat)
web制作 小島ゆきこ
製作 『カナリアの唄ヲ聞ケ』製作委員会

[情報提供] 2007/02/14 00:53 by かわひ_

[最終更新] 2008/01/08 12:52 by はっとり

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

はっとり

はっとり(0)

主宰です。 この公演は2007年2月に行われました。

このページのQRコードです。

拡大