演劇

Shizuoka春の芸術祭2008

若き俳優への手紙

SPAC・静岡県舞台芸術センター

舞台芸術公園 野外劇場「有度」(静岡県)

2008/06/28 (土) ~ 2008/06/29 (日) 公演終了

上演時間:

愛が肉をもって語り出すとき、
「言葉」が生まれる
演劇という奇蹟についての、奇蹟のような舞台

悲劇の女神に扮した「詩人」が次々と襲いかかる演劇の敵たちに立ち向かい、時に滑稽に、時にグロテスクに、この演劇という奇蹟を語る。舞台を通してのみ語りうる、ピィ演劇論の精華。

オリヴィエ・...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/06/28 (土) ~ 2008/06/29 (日)
劇場 舞台芸術公園 野外劇場「有度」
出演 パリ・オデオン座
脚本 オリヴィエ・ピィ
演出 オリヴィエ・ピィ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,000円
【発売日】2008/04/07
4,000円/同伴チケット(2枚)7,000円
大学生・専門学校生 2,000円 高校生以下 1,000円
(公演当日、受付にて学生証を提示してください)
サイト

http://www.spac.or.jp/08_spring/letter.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 愛が肉をもって語り出すとき、
「言葉」が生まれる
演劇という奇蹟についての、奇蹟のような舞台

悲劇の女神に扮した「詩人」が次々と襲いかかる演劇の敵たちに立ち向かい、時に滑稽に、時にグロテスクに、この演劇という奇蹟を語る。舞台を通してのみ語りうる、ピィ演劇論の精華。

オリヴィエ・ピィはパリ国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)の校長から演劇を志す若者たちのための教科書執筆を依頼された。そこで書かれたのがこの『若き俳優への手紙』である。散文詩の形式で書かれたこの「手紙」は、学生たちの前でピィ自身によって上演された。近年では、太陽劇団出身の名優ジョン・アーノルドが「詩人」の役を務めている。

2000年に書かれ、初演された『若き俳優への手紙』はすでに複数の言語に翻訳され、現代演技論の古典となりつつある。
その他注意事項
スタッフ 作・演出:オリヴィエ・ピィ
出演:パリ・オデオン座

[情報提供] 2008/12/26 12:07 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/14 07:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大