オペラ

ザルツブルク音楽祭制作 日本公演2008

フィガロの結婚

デザイン:Monika Rittershaus(Photo)

0 お気に入りチラシにする

オペラ

ザルツブルク音楽祭制作 日本公演2008

フィガロの結婚

ザルツブルク音楽祭

フェスティバルホール(大阪府)

他劇場あり:

2008/04/20 (日) ~ 2008/04/20 (日) 公演終了

上演時間:

80年以上の歴史を誇り、ヨーロッパにおいては最も有名で人気の高い音楽祭、ザルツブルク音楽祭がいよいよ日本に上陸する。注目の演目は、2006年のモーツァルト・イヤーに上演され、センセーショナルな話題を呼んだクラウス・グート版『フィガロの結婚』。不可能と思われていた音楽祭の日本開催が、モーツァルト...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/04/20 (日) ~ 2008/04/20 (日)
劇場 フェスティバルホール
出演 他、アレックス・エスポジート(バリトン)、ジェニファー・オローリン(ソプラノ)、マルチナ・ヤンコーヴァ(ソプラノ)、スティーヴン・ガッド(バリトン)、エイリン・ペレス(ソプラノ)
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出 クラウス・グート
料金(1枚あたり) 18,000円 ~ 50,000円
【発売日】2007/10/27
BOX:50,000 S:45,000 A:38,000 B:30,000 C:24,000 D:18,000
サイト

http://www.osaka-festival.com/0420.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 80年以上の歴史を誇り、ヨーロッパにおいては最も有名で人気の高い音楽祭、ザルツブルク音楽祭がいよいよ日本に上陸する。注目の演目は、2006年のモーツァルト・イヤーに上演され、センセーショナルな話題を呼んだクラウス・グート版『フィガロの結婚』。不可能と思われていた音楽祭の日本開催が、モーツァルトの最高傑作とともに実現する!

待望の上演が決定した『フィガロの結婚』は、演出家クラウス・グートがザルツブルク音楽祭2006で世界初演して、人間の深層心理を描きダ・ポンテ/モーツァルトが表現する群像劇の真髄に迫ると、全世界に衝撃を与えた話題作。モーツァルト生誕250年記念のメモリアルイヤーとなった2006年シーズン全体を通しても、グート版『フィガロの結婚』は突出した評価と賛辞を浴びた。結果、翌年のザルツブルク音楽祭でも上演され、なんと2009年に三度上演されるという。この話題のプロダクションが、音楽祭の熱気そのまま日本で公演を行うのだ。

今回、日本公演で指揮するのは、弱冠24歳のロビン・ティチアーティ。2006年に史上最年少でザルツブルク音楽祭にデビューを果たし、現在グラインドボーン音楽祭の音楽監督として注目を集め、2008年にはスカラ座デビューを控えているという次代を担う俊英だ。モーツァルトの時代のオリジナルサウンドを奏でる古楽の雄、エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団との競演も楽しみ。そしてソリストたちも、フィガロ役のアレックス・エスポジートはすでに地元イタリアでの活躍はもとより、ミュンヘン、ロンドンと破竹の勢い。スザンナ役のジェニファー・オローリンはウィーン・フォルクスオーパーでの活躍も目覚しく、ヨーロッパ・オペラ界の巨匠ユルゲン・フリムが選出した、21世紀のザルツブルク音楽祭を担う若手歌手陣がずらり揃い踏み。モーツァルト・オペラの核心をつく、ザルツブルク音楽祭最高の舞台をどうぞ、お見逃しなきよう!
その他注意事項
スタッフ 作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
台本:ロレンツォ・ダ・ポンテ

総裁:ヘルガ・ラーブル=シュタットラー
総監督兼芸術監督:ユルゲン・フリム
指揮:ロビン・ティチアーティ
演出:クラウス・グート
管弦楽:エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団
合唱団:フィルハーモニア・クワイア・ウィーン

<出演>
フィガロ:アレックス・エスポジート(バリトン)
スザンナ:ジェニファー・オローリン(ソプラノ)
ケルビーノ:マルチナ・ヤンコーヴァ(ソプラノ)
アルマヴィーヴァ伯爵:スティーヴン・ガッド(バリトン)
アルマヴィーヴァ伯爵夫人:エイリン・ペレス(ソプラノ)

[情報提供] 2008/12/24 14:46 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/12/24 14:48 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大