明治座

明治座(東京都)

2008/12/03 (水) ~ 2008/12/25 (木) 公演終了

上演時間:

大正時代から続く新橋の老舗料亭「富久本」。
女将の加奈子(中村玉緒)は京都・西陣の生まれだが、望まれて「富久本」の後妻に入った。
しかし間もなく夫と死別し、大女将の勢以子(赤木春恵)や前妻の子である誠(鴈龍太郎)と朱美(菊池麻衣子)に囲まれ、何かと気兼ねをする日々を送っていた。
敷居の高...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/03 (水) ~ 2008/12/25 (木)
劇場 明治座
出演 中村玉緒、赤木春恵、熊谷真実、菊池麻衣子、仁藤優子、他
脚本 小国正皓
演出 水谷幹夫
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 12,000円
【発売日】2008/12/28
A席-12,000円 B席-5,000円
サイト

http://www.meijiza.co.jp/info/2008/12/main.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 大正時代から続く新橋の老舗料亭「富久本」。
女将の加奈子(中村玉緒)は京都・西陣の生まれだが、望まれて「富久本」の後妻に入った。
しかし間もなく夫と死別し、大女将の勢以子(赤木春恵)や前妻の子である誠(鴈龍太郎)と朱美(菊池麻衣子)に囲まれ、何かと気兼ねをする日々を送っていた。
敷居の高さが敬遠されて店の経営は年々苦しくなっていたが、板長の健吾(仲本工事)やその息子で花板の昌治(前田耕陽)らと力を合わせて、加奈子は店を盛り立てていた。

ある日のこと、加奈子の亡夫の妹・幸枝(熊谷真実)が婚家から出戻ってくる。
三度目の離婚に家族も開いた口がふさがらない。その幸枝に沼尾(穂積隆信)という男が近づき、「富久本」を含む近隣の開発計画を持ちかける。
沼尾が連れてきた建築士・中井(田村亮)に一目惚れした幸枝は、勢以子を焚き付けて店をビルに建て替えることを勧めるが、加奈子は沼尾に不信感を抱いていた。
さらに板前修業をしていた誠や、何かと加奈子に反発する朱美にも問題が勃発。
果たして加奈子はこの苦境を乗り越えられるのか・・・。

真の家族の「絆」とは―
東京の老舗料亭を舞台に涙と笑いで繰り広げられる、ホームドラマの決定版!!
その他注意事項
スタッフ 作:小国正皓 潤色:吉本哲雄 演出:水谷幹夫
出演:中村玉緒
赤木春恵 熊谷真実 菊池麻衣子 仁藤優子 西岡慶子
田村 亮 穂積隆信 仲本工事 前田耕陽 鴈龍太郎 他

[情報提供] 2008/12/22 12:38 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/12/22 12:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大