歌舞伎・伝統芸能

五月花形歌舞伎 小笠原諸礼忠孝

通し狂言 小笠原騒動

松竹

京都四條南座(京都府)

2009/05/03 (日) ~ 2009/05/26 (火) 公演終了

上演時間:

【物 語】
 ここは九州・豊前国。小笠原家では、お家乗っ取りを企む執権・犬神兵部(ひょうぶ)(橋之助)とお大(だい)の方(七之助)一味の陰謀が着々と進んでいた――。
 そんな中、狩りに出た藩主の小笠原豊前守(ぶぜんのかみ)(勘太郎)が白狐を射ようとするのを家臣の小笠原隼人(はいと)(愛之助...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/05/03 (日) ~ 2009/05/26 (火)
劇場 京都四條南座
出演 中村橋之助、片岡愛之助、中村勘太郎、中村七之助
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,200円 ~ 13,650円
【発売日】2009/04/15
1等席 12,600円
2等席 7,350円
3等席 4,200円
特別席 13,650円
サイト

http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/2009/05/post_13.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【物 語】
 ここは九州・豊前国。小笠原家では、お家乗っ取りを企む執権・犬神兵部(ひょうぶ)(橋之助)とお大(だい)の方(七之助)一味の陰謀が着々と進んでいた――。
 そんな中、狩りに出た藩主の小笠原豊前守(ぶぜんのかみ)(勘太郎)が白狐を射ようとするのを家臣の小笠原隼人(はいと)(愛之助)は押し止め、また藩政の乱れを意見するが、兵部やお大の方の言いなりとなっている豊前守の逆鱗に触れ閉門を言い渡される。
 兵部は、大望の妨げになると隼人に刺客を差し向ける。絶体絶命に陥った隼人の前に、最前助けた白狐の化身である奴菊平(愛之助)が現れ隼人を救い出す。

 隼人から分家小笠原遠江守(とおとうみのかみ)への密書を託された召使のお早(七之助)は、その道中で兵部に加担する足軽の岡田良助(橋之助)に殺され密書を奪われる。

 妻のお早を殺された飛脚の小平次(勘太郎)は、すぐさま敵が良助と知る。一方の良助は、お早の怨霊にとりつかれた末に自らの愚かさを悟り、真人間に改心するが、家族を一度に失ってしまう。
 それを知らない小平次は、水車小屋で激闘の末、良助を討つのだが、断末魔の良助から遠江守へ届ける兵部一味の連判状と訴状を託される。

 程なく通りかかる遠江守の行列に小平次は直訴をするのだが、その瞬間、一発の銃声が辺り一面に響いたのだった……。


【みどころ】
 享和三年(一八〇三)豊前小倉藩(現北九州市)に実際に起こったお家騒動に題材を採った『小笠原騒動』は、本外題を「小笠原諸礼忠孝(おがさわらしょれいのおくのて)」といい、明治十四年(一八八二)道頓堀戎座で三代目勝諺蔵が書き下ろした狂言です。
 この作品は、小笠原家に言い伝えられた小笠原狐の伝説を骨子に脚色し、ストーリーの面白さ、水車小屋の本水を使った立ち廻りのスペクタクルが話題になり絶賛を博しました。
 南座では十年ぶりの上演となり、今回は一昨年『霧太郎天狗酒醼』で好評を博した花形四人が挑みます。
 人気の花形役者が魅せる、清新で熱気あふれる、新たな『小笠原騒動』をたっぷりとご堪能下さい。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2008/12/21 22:48 by 華崎

[最終更新] 2009/05/05 13:37 by 華崎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大