演劇

影絵朗読劇

年をとった鰐の話

PORT+PORTAIL

こまばアゴラ劇場(東京都)

他劇場あり:

2009/02/07 (土) ~ 2009/02/11 (水) 公演終了

上演時間:

“演劇”と“ダンス”という異なる言語を一つにまとめあげた、芸術性に富んだ舞台が持ち味。1997年、長野市内の同じ高校を卒業したキムミヤ、林ファソット未知、本居蓮で旗揚げ。紆余曲折の後、振付をキム、作・演出を林、出演を本居という役割分担が自然とうまれ、現在に至る。ジャンルにこだわらない活動は、“...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/02/07 (土) ~ 2009/02/11 (水)
劇場 こまばアゴラ劇場
出演 石和田尚子、栗原恵里佳、本田綾乃、本居蓮
脚本 林ファソット未知
演出 林ファソット未知
料金(1枚あたり) 100円 ~ 2,800円
【発売日】2008/12/01
【一般】前売 ¥2,500 / 当日 ¥2,800
【学生・ユース[25歳以下]】前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,300
【5歳~小学生】前売・当日共 ¥100
サイト

http://www.agora-summit.com/2008w/lineup_port.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 “演劇”と“ダンス”という異なる言語を一つにまとめあげた、芸術性に富んだ舞台が持ち味。1997年、長野市内の同じ高校を卒業したキムミヤ、林ファソット未知、本居蓮で旗揚げ。紆余曲折の後、振付をキム、作・演出を林、出演を本居という役割分担が自然とうまれ、現在に至る。ジャンルにこだわらない活動は、“演劇”と“ダンス”の垣根を超え支持され数々のコンペティションで受賞。「ダンス白州」等のダンスイベントにも多く出演している。今作は、昨年発表し好評を博した『影絵朗読劇』第二弾として、レオポルド・ショヴォー著の隠れた傑作「年をとった鰐の話」をベースに、子供から大人まで楽しめる“ちょっと毒のある”ワニの寓話を、滋味溢れるアナログな影絵劇でお送りする。ちなみに、読めないと不評のカンパニー名は『ポルポル』と読むことにした。

『夜になるとタコを愛しているワニは、とてもふしあわせなワニになってしまった。』

若い頃、ピラミッドが建つのを見たほど年をとったワニは、今やリュウマチに蝕まれもう魚も捕れない。心の底から嫌気がさした時、ワニは自分のひ孫を食べてしまう。もう何千年も生き、とても尊敬されていたワニだが、一族は彼の死刑を決めたーー
その他注意事項
スタッフ 原作=レオポルド・ショボー
original story:L?opold Chauveau
脚本・演出・朗読=林ファソット未知
written and directed:Michi Foissotte Hayashi
振付・出演=キム・ミヤ
choreographed and performance:Miya Kim

照明=奥田賢太
音響=尾林真理
衣装=有島由生
宣伝美術・宣伝写真=MetM
舞台監督=西川也寸志[箱馬研究所]
制作=増坂由夏

[情報提供] 2008/12/17 17:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/02/12 13:20 by ゆかちん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

ゆかちん

ゆかちん(7)

ダンス、影絵、朗読、お楽しみ下さい!!

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大