演劇

透現演舞 第二回公演

ロストガール

Monochrome Plus

シアター風姿花伝(東京都)

2005/11/25 (金) ~ 2005/11/27 (日) 公演終了

上演時間:

あらすじ
ーー古びた屋敷がひとつ、
朽ちかけて薄汚く建っている。
不気味なその佇まいは、
夜中にふと思い出そうものなら
便所にも立てぬほどの恐ろしさ。
人々は屋敷を「忘れ去るべき所」として
ひたすら気に留めまいとした。

屋敷には少女がひとり、使用人と暮らしていた。
少女は...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2005/11/25 (金) ~ 2005/11/27 (日)
劇場 シアター風姿花伝
出演 あんず、木下勝哉、村山新、久水広太、中路梨紗、柳沢明郁、加藤敦洋、高橋由紀、佐藤忍、中村達郎
脚本 中村達郎
演出 中村達郎
料金(1枚あたり)
【発売日】
サイト

http://www.tohgen-enbu.com/past/02.lg/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あらすじ
ーー古びた屋敷がひとつ、
朽ちかけて薄汚く建っている。
不気味なその佇まいは、
夜中にふと思い出そうものなら
便所にも立てぬほどの恐ろしさ。
人々は屋敷を「忘れ去るべき所」として
ひたすら気に留めまいとした。

屋敷には少女がひとり、使用人と暮らしていた。
少女は心を失くしていた。
うつろに息をして昼と夜を過ごす日々。

ぼんやりと、身じろぎもせずに座るその姿の希薄さは
時折生きているのかどうか不安になる程で、
そうするうちに 日が落ちると本当に姿が見えなくなってしまった。

日増しに少女は闇に溶けてゆき、
見かねた使用人によって医者が呼ばれることとなった。
少女の闇の向こう側をのぞき見る医者。
そこに広がっていたのは、かつて栄えしもうひとつの屋敷と住人達、
そして、心を取り戻したいと願うもうひとりの少女の姿であったーー

その他注意事項
スタッフ 【舞台監督】板垣信司
【照明】岩田泰人(総合舞台)
【音響】吉岡歩
【制作】アプリコット・ワークス

[情報提供] 2008/12/06 18:56 by アユミ

[最終更新] 2008/12/06 18:59 by アユミ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大