実演鑑賞

東京芸術劇場

りゅーとぴあ劇場(新潟市民芸術文化会館)(新潟県)

他劇場あり:

2021/09/29 (水) ~ 2021/09/30 (木) 開幕前

上演時間:

公式サイト: https://www.lefils-theatre.jp/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
『Le Père 父』の作・演出家による第2弾!
世界13ヶ国で絶賛を浴びた傑作が、待望の日本初演!

『Le Père 父』をアンソニー・ホプキンス主演で映画化し、今年の第93回アカデミー賞に作品賞をはじめ6部門にノミネートされるなど、映画監督としても高い評価を得て、世界中から注目され...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/09/29 (水) ~ 2021/09/30 (木)
劇場 りゅーとぴあ劇場(新潟市民芸術文化会館)
出演 岡本圭人、若村麻由美、伊勢佳世、浜田信也、木山廉彬、岡本健一
脚本 フロリアン・ゼレール
演出 ラディスラス・ショラー
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 8,800円
【発売日】2021/07/16
S席 : 8,800円
A席 : 6,800円
B席 : 6,500円
U25(B席) : 2,500円
※公演時25歳以下の方対象(小学生以上)。ご入場時に年齢がわかるものをご提示ください。
※B席およびU25(B席)は見づらい場面が発生する場合がございます。
公式/劇場サイト

https://www.ryutopia.or.jp/performance/event/19947/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月29日(水) 19:00
9月30日(木) 12:00
※開場は開演の30分前
※この公演は国および新潟県、新潟市のガイドラインに基づき、客席制限は行わずに開催いたします。
説明 『Le Père 父』の作・演出家による第2弾!
世界13ヶ国で絶賛を浴びた傑作が、待望の日本初演!

『Le Père 父』をアンソニー・ホプキンス主演で映画化し、今年の第93回アカデミー賞に作品賞をはじめ6部門にノミネートされるなど、映画監督としても高い評価を得て、世界中から注目されている話題のフランスの若手劇作家フロリアン・ゼレール。この度、ゼレールの最新作『Le Fils 息子』の日本初演が決定しました。
2018年にパリ・シャンゼリゼ劇場で初演された本作『Le Fils 息子』は、フランス最高位の演劇賞であるモリエール賞にて新人賞を受賞するなど高い評価を得て、ロンドンのウエストエンドなど世界13ヵ国で上演。タイムズ紙やデイリーテレグラフ、ファイナンシャルタイムズなど各紙の劇評でも絶賛された傑作です。
演出を担うのは、フランスオリジナル版を演出し、スタイリッシュに魅せるステージが称賛を呼んでいるラディスラス・ショラー。2020年読売演劇大賞優秀作品賞『Le Père 父』の演出に続き、深い洞察と緻密な演出で人間の本質を描きます。
『La Mère 母』で始まり『Le Père 父』へと続いた家族三部作を締めくくる『Le Fils 息子』は、もつれあう家族の心の複雑さを独自のスタイルで描いた、ゼレールの最も悲劇的で普遍的な作品です。言葉の背後にある、言葉にできない表現で、観客の心に問いかけます。どうぞご期待ください!
その他注意事項 ※未就学児はご入場いただけません。

スタッフ 翻訳:齋藤敦子
美術:エドゥアール・ローグ
照明:北澤真 音響:井上正弘 衣裳:十川ヒロコ ヘアメイク:佐藤裕子
演出助手:城田美樹 通訳:加藤リツ子 舞台監督:瀧原寿子
アーティスティック・コラボレーター:三原英二 制作:藤野和美
宣伝美術:永瀬祐一(BAT DESIGN) 宣伝カメラマン:設楽光徳
宣伝衣裳:十川ヒロコ 宣伝ヘアメイク:佐藤裕子 
宣伝ヘアメイク(若村麻由美):長縄真弓
宣伝:DIPPS PLANET

[情報提供] 2021/06/08 16:42 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/07/30 22:01 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大