歌舞伎・伝統芸能

実演鑑賞

松竹

京都四條南座(京都府)

2021/09/03 (金) ~ 2021/09/26 (日) 開幕前

休演日:13日(月)、21日(火)

上演時間:

公式サイト: https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/play/711/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
 令和元(2019)年8月に初お目見得し、大きな話題を集めた“超歌舞伎”が、2年ぶりに京都南座の舞台に戻ってきます。
 今回の公演では、まず『映像 超歌舞伎の魅力』で、歌舞伎と最新のテクノロジーが融合した“超歌舞伎”のみどころと楽しみ方をご案内いたします。
 続いての『都染戯場彩』は、今回...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/09/03 (金) ~ 2021/09/26 (日)
劇場 京都四條南座
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 14,000円
【発売日】2021/07/18
【九月南座超歌舞伎(本公演)】の料金
一等席       13,000円
二等席        7,500円
三等席        4,000円
特別席       14,000円

【リミテッドバージョン】の料金
S席(1・2階席)  6,500円
A席(3階席)    4,000円
公式/劇場サイト

https://www.kabuki-bito.jp/theaters/kyoto/play/711/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 午前の部 午前11時~
午後の部 午後3時30分~
説明  令和元(2019)年8月に初お目見得し、大きな話題を集めた“超歌舞伎”が、2年ぶりに京都南座の舞台に戻ってきます。
 今回の公演では、まず『映像 超歌舞伎の魅力』で、歌舞伎と最新のテクノロジーが融合した“超歌舞伎”のみどころと楽しみ方をご案内いたします。
 続いての『都染戯場彩』は、今回の南座超歌舞伎公演のために書き下ろされた歌舞伎舞踊で、桜が満開の「花の大内」から、秋の情景を描いた「月の吉原」、そして勇壮な獅子の狂いを見せる「雪の石橋」と、三段返しの構成による舞踊です。特に「雪の石橋」は、中村獅童と初音ミクによる獅子の精の踊りが大きなみどころとなっています。
 そして『御伽草紙戀姿絵』は、今年4月に千葉県幕張メッセで初演された作品で、初音ミクが初めて悪役に挑んだことでも話題を集めました。源頼光と傾城七綾太夫との恋物語と、土蜘蛛伝説を軸にしながら、頼光の家臣である平井保昌とその弟である袴垂保輔の苦衷の物語など、ご当地京都を舞台にした歌舞伎味あふれる作品となっています。中村獅童が源頼光、袴垂保輔の2役を、初音ミクが傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫を勤めるほか、中村蝶紫の山姥茨木婆、澤村國矢の平井保昌という配役で上演する、話題作をどうぞお楽しみください。また、『御伽草紙戀姿絵』はリミテッドバージョンとしても上演されます。こちらもどうぞご期待ください。
その他注意事項
スタッフ ▶︎本公演
映像 超歌舞伎の魅力


松岡 亮 作
一、都染戯場彩 (みやこぞめかぶきのいろどり)
獅子の精
獅子の精
鳶頭
公達
中村 獅童
初音 ミク
澤村 國矢
中村 蝶紫
松岡 亮 脚本
藤間勘十郎 演出・振付
二、御伽草紙戀姿絵 (おとぎぞうしこいのすがたえ)
源朝臣頼光/袴垂保輔
傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫
平井保昌
山姥茨木婆

中村 獅童
初音 ミク
澤村 國矢
中村 蝶紫
※本公演 午前の部/午後の部 同一演目にて上演します


▶︎リミテッドバージョン
映像 超歌舞伎の魅力


松岡 亮 脚本
藤間勘十郎 演出・振付
一、御伽草紙戀姿絵 (おとぎぞうしこいのすがたえ)
源朝臣頼光/袴垂保輔
傾城七綾太夫実は将門息女七綾姫
平井保昌
山姥茨木婆

口上
澤村 國矢
初音 ミク
中村 獅一
中村 蝶紫

中村 獅童
※リミテッドバージョンは『映像 超歌舞伎の魅力』と『御伽草紙戀姿絵』を上演します

[情報提供] 2021/07/05 12:33 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/07/05 12:33 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大