実演鑑賞

第七劇場

Théâtre de Belleville(三重県)

他劇場あり:

2021/07/04 (日) ~ 2021/07/04 (日) 公演終了

上演時間: 約1時間20分(休憩含む)を予定

休憩時間:2作連続上演。合間に20分ほどの休憩・トークセッションを実施

公式サイト: https://theatre-de-belleville.tumblr.com/post/654709836504809472/iira21

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
2018年から3年間実施された地域新進演劇人育成事業 クリエイティブ・レジデンス【三重/広島】が新しい枠組みとしてアップデート。広島の劇団「グンジョーブタイ」所属、第26回劇作家協会新人戯曲賞最終候補作家・泉晟による「キラル」と、京都の劇団「烏丸ストロークロック」の劇作家・柳沼昭徳の「漂泊の家...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/07/04 (日) ~ 2021/07/04 (日)
劇場 Théâtre de Belleville
出演 泉晟、木母千尋、小菅紘史、長澤拓真、小林冴季子
脚本 泉 晟、柳沼昭徳
演出 鳴海康平
料金(1枚あたり) 0円 ~ 2,500円
【発売日】
一般 2,500円 25歳以下1,000円 美里割 1,000円、18歳以下・劇場支援会員無料※美里割は美里在住、在学、在勤者が対象
(当日証明できるものをご提示ください)
※受付開始・開場ともに開演の20分前より
※津あけぼの座劇場支援会員対象公演

※2作連続上演。合間に20分ほどの休憩・トークセッションを実施
※上演時間、約80分(休憩含む・予定)
※日時指定・全席自由
公式/劇場サイト

https://theatre-de-belleville.tumblr.com/post/654709836504809472/iira21

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 7月4日(日)15:00
説明 2018年から3年間実施された地域新進演劇人育成事業 クリエイティブ・レジデンス【三重/広島】が新しい枠組みとしてアップデート。広島の劇団「グンジョーブタイ」所属、第26回劇作家協会新人戯曲賞最終候補作家・泉晟による「キラル」と、京都の劇団「烏丸ストロークロック」の劇作家・柳沼昭徳の「漂泊の家」を原作とした再構成抄訳版「抄訳 漂泊の家」を、第七劇場とグンジョーブタイの俳優が、鳴海康平の演出によって上演。
その他注意事項
スタッフ 「キラル」
作:泉 晟(グンジョーブタイ)
演出:鳴海康平(第七劇場)

「抄訳 漂泊の家」
原作:柳沼昭徳(烏丸ストロークロック)
構成・演出:鳴海康平

出演:
[第七劇場]木母千尋、小菅紘史
[グンジョーブタイ・舞台芸術制作室無色透明]長澤拓真、小林冴季子美術:鳴海康平(第七劇場)

照明:穴田はるき(株式会社フルライトユニオンコーポレーション)
照明指導:村上哲也(株式会社フルライトユニオンコーポレーション)
音響:佐々木恭平(株式会社サウンドカンパニー)
総合監修:岩﨑きえ(舞台芸術制作室無色透明)
当日スタッフ:佐々木正和、藤井友紀(舞台芸術制作室無色透明)

[情報提供] 2021/07/03 13:08 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/07/03 13:11 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. [キラル/抄訳 漂泊の家、終演]私は昔から、もしパートナーに恵まれても子どもはつくらないと、なぜか強く思っていた。若いころは自分に子どもが育てられる気がしなかったのが大きかったのだけど、30代になったあたりからは、私を育てた母親の… https://t.co/ML2UTHYMat

    20日前

  2. 『キラル / 抄訳 漂泊の家』。観てきました。第七劇場の鳴海さんが近頃、生きてる(←本人談)劇作家の作品を手がけられるようになった。しかも若手の。個人的にとてもinterestingに観劇している。今回の2作もとても良かった。広島… https://t.co/cAFiqZymtz

    20日前

  3. 第七劇場「キラル/抄訳 漂泊の家」観てきました。若い人達にこういう経験を積ませるっていうのは凄くいい企画だと思います。いい意味で若さを感じる。暗い話なのにどこか溌剌としたエネルギーを感じました。あと柳沼さんの脚本を鳴海さんが演出するという贅沢を堪能しました。

    20日前

  4. 『キラル』『抄訳 漂泊の家』観劇しました。一言で表現するならば「とても痛かった」です。 表面だけの優しさは、なんと残酷で辛いことだろうと現在進行形で感じています。辛さと痛みのやり場がなく、自己へ向いてしまうことだけは避けようと毎日… https://t.co/9jcxAhJr3G

    20日前

  5. 【キラル/抄訳 漂泊の家】 7/4, 15:00開演 当日券は若干枚販売予定です。14:40より販売受付。 ご予約のお客さまも14:40より受付開始/開場となります! お気をつけてお越しくださいませ!… https://t.co/pLpaL7QA9v

    21日前

  6. [キラル/抄訳 漂泊の家] ●残席数席● 嫌悪や悪意が自分や誰かを傷つけてしまうように、好意や善意も自分や誰かを損なうことがある。そのとき、嫌悪や悪意が発露した結果よりも、その傷跡からやりきれなさを感じることが少なくない。当人にも… https://t.co/SH7rOuQxGh

    22日前

  7. [キラル/抄訳 漂泊の家/Camp21 d'été]さようならなんて、もう聞きたくないし、言いたくもない。誰かを嫌いになりたくもなければ、壊したくもない。甘ったるい考えだというのはよくわかってるけど、歳を重ねると、さようならには、… https://t.co/lf5yjs90yE

    28日前

  8. 来週末 7月4日(日)15時上演! 「キラル」「抄訳 漂泊の家」2本立て。幕間にトークセッションも実施します。 詳細はこちら https://t.co/0fDA79AvPX https://t.co/m0K4t8UWk1

    E4xpggruyaqwwgn

    29日前

  9. 「キラル」 作:泉晟(グンジョーブタイ) 演出:鳴海康平(第七劇場) 「抄訳 漂泊の家」 原作:柳沼昭徳(烏丸ストロークロック) 構成・演出:鳴海康平(第七劇場) <この作品は原作の1/3程度を抜粋し再構成した抄訳版です>

    30日前

  10. 来週末 7月4日(日)15時開演! Innovative Incubation of Regional Arts 三重—広島 2021 キラル / 抄訳 漂泊の家 2018年から3年間実施された地域新進演劇人育成事業 クリエイ… https://t.co/Wy8aKheRKt

    30日前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大