舞踊・バレエ

「フェスティバル/トーキョー09春」参加作品

金柑少年◆フェスティバル/トーキョー09春

山海塾

東京芸術劇場 プレイハウス(東京都)

2009/03/07 (土) ~ 2009/03/08 (日) 公演終了

上演時間:

『金柑少年』は、1978年6月に東京の日本消防会館ホールで初演され、山海塾は本作を信じ、踊る場所を求め1980年にフランスへ旅立った。そして同年5月、フランスのナンシー国際演劇祭で上演されるや、瞬く間に評判を呼び、フランス国内だけでなく、欧州・南米の主要フェスティバルから招聘を受け、ワールドツ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/03/07 (土) ~ 2009/03/08 (日)
劇場 東京芸術劇場 プレイハウス
出演 竹内晶、市原昭仁、長谷川一郎、松岡大、浅井信好、土肥圭史
演出 天児牛大
振付 天児牛大
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,500円
【発売日】2008/12/18
一般 4,500円(S席) 3,500円(A席)
学生 3,000円(要学生証提示)、高校生以下 1,000円 指定席
F/T回数券(3演目/5演目)、F/Tパス、ペアチケットあり
サイト

http://festival-tokyo.jp/program/kumquat/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 『金柑少年』は、1978年6月に東京の日本消防会館ホールで初演され、山海塾は本作を信じ、踊る場所を求め1980年にフランスへ旅立った。そして同年5月、フランスのナンシー国際演劇祭で上演されるや、瞬く間に評判を呼び、フランス国内だけでなく、欧州・南米の主要フェスティバルから招聘を受け、ワールドツアーを開始。以来、1993年のパリ市立劇場での最終公演まで、15年にわたり、世界21カ国113都市で上演を重ねた、山海塾の現在につながる記念碑的な作品である。
本作は1993年のパリ公演を最後に上演が封印されていたが、その後も世界各国から再演を望む声が多く寄せられてきた。天児は本作を28歳で創作・発表し、15年間、その要ともいえるソロを担ってきたが、再演の要望に応えるにあたり、自身は演出・振付に徹し、4つの天児ソロパートを若手舞踏手たちにそれぞれ委ねるという形で、山海塾の創立30周年を迎えた2005年にリ・クリエーション(再創作)した。
「天児ソロを若手が踊る」という、山海塾にとってエポックともいえるこの初の試みは、フランスで話題となり、2005年12月、パリ市立劇場での新作『とき』のプレミエに引き続いて同作を上演。新作同様、連日大反響となる。また、翌年の2006年には14年ぶりに東京の世田谷パブリックシアターにて上演し、好評を得た。
作品の振付・構成は原型をとどめたまま。初演からリ・クリエーションまで30年という時を経て、若手舞踏手たちが受け継いだ山海塾初期の作品である。 
その他注意事項
スタッフ 演出・振付・デザイン:天児牛大
音楽制作:吉川洋一郎
舞踏手:竹内晶 市原昭仁 長谷川一郎 松岡大 浅井信好 土肥圭史

[情報提供] 2008/12/05 00:03 by mk

[最終更新] 2009/03/16 04:05 by F/T

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大