演劇

幻灯劇場 第九回公演 京都・東京二都市ツアー

盲年【京都公演】

0 お気に入りチラシにする

演劇

幻灯劇場 第九回公演 京都・東京二都市ツアー

盲年【京都公演】

実演鑑賞

幻灯劇場

京都芸術センター(京都府)

2021/08/27 (金) ~ 2021/08/29 (日) 開幕前

休演日:なし

上演時間: 約1時間30分(休憩なし)を予定

公式サイト: https://gentou-gekijou.themedia.jp/pages/1775317/page_201803241521

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
■ あらすじ
 地下鉄のホームで電車を待っていた裁判官・徳丸 透(トクマル トオル)は、15年前に捨てた息子・春(シュン)が向かいのホームに立っているのをみつける。春の眼が見えないことに気が付いた透は、赤の他人を装い近づき、「一緒に住まないか」と誘う。
 一度破綻した親子の、二人暮らしが再...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/08/27 (金) ~ 2021/08/29 (日)
劇場 京都芸術センター
出演 村上亮太朗、橘カレン、松本真依、鳩川七海、本城祐哉、谷風作、藤井颯太郎
脚本 藤井颯太郎
演出 藤井颯太郎
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,000円
【発売日】2021/07/21
前売:一般 2,500円 / 29歳以下 2,000円
当日:一律 3,000円
公式/劇場サイト

https://www.kac.or.jp/events/30572/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 【京都公演】
8/27(金)
 19:00~
8/28(土)
 13:00~/17:00~
8/29(日)
 15:00~

【東京公演】
9月30日(木)〜10月4日(月)
@ こまばアゴラ劇場
(http://www.komaba-agora.com/play/11172)
説明 ■ あらすじ
 地下鉄のホームで電車を待っていた裁判官・徳丸 透(トクマル トオル)は、15年前に捨てた息子・春(シュン)が向かいのホームに立っているのをみつける。春の眼が見えないことに気が付いた透は、赤の他人を装い近づき、「一緒に住まないか」と誘う。
 一度破綻した親子の、二人暮らしが再びはじまる――。

■ 作家のコメント
 この物語を書いているとき、少し自分が怖くなった。紛れもなく自分から出てきたはずの登場人物や言葉が、自分の中の倫理観を力強く壊していくのを感じた。それでも、この物語に登場する全員が、いとおしく、身近に感じられたので、怖がりながら最後まで書き続けた。ホラーではありません。あなたの身近な人のお話です。  
 藤井颯太郎

■ カンパニープロフィール
 映像作家や俳優、ダンサー、写真家などジャンルを超えた作家が集まり、「祈り」と「遊び」をテーマに創作をする演劇集団。2017年文化庁文化交流事業として大韓民国演劇祭へ招致され『56db』を製作、上演。韓国紙にて「息が止まる、沈黙のサーカス」と評され高い評価を得るなど、国内外で挑戦的な作品を発表し続けている。
 日本の演劇シーンで活躍する人材を育てることを目的に京都に新設された『U30支援プログラム』に採択され、2018年ー2022年まで京都府立文化芸術会館などと協働しながら作品を発表していく。
その他注意事項 *チケットは、当日精算・日時指定・全席自由・整理番号付
*未就学児童入場不可
スタッフ 振付 本城祐哉・村上亮太朗
衣裳 杉山沙織
音響 三橋琢
映像 月原康智(ジョッガ)
美術 野村善文
照明 渡辺佳奈
舞台監督 浜村修司
宣伝美術 三牧広宜・橘カレン
宣材撮影 松本真依
制作統括 谷風作
制作協力 黒澤たける・谷口祐
機材協力 Kyoto.lighting

[情報提供] 2021/06/20 19:11 by

[最終更新] 2021/07/22 23:55 by

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

谷口祐

谷口祐(0)

音響 映像 制作 当日運営 その他(写真撮影)

「盲年【京都公演】」に携わっているメンバーです。

風

(0)

役者・俳優

「盲年【京都公演】」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大