演劇

実演鑑賞

こまつ座

紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA(東京都)

他劇場あり:

2021/08/17 (火) ~ 2021/08/29 (日) 開幕前

休演日:8月20日(金) 8月26日(木)

上演時間:

公式サイト: http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#374

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
命を舞台にかけて、欠けた鏡に素顔をうつし
白粉塗る度夢を見るのは、母の姿か息子の顔か。
笑いの後に涙が一滴、可笑しくも華やかな一人芝居の二本立て。
楽屋芝居の名作があの二人で蘇る。

「お客様あっての役者」である二人の座長
捨てられた息子を演じる内野聖陽
捨てた母親を演じる有森也...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/08/17 (火) ~ 2021/08/29 (日)
劇場 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
出演 内野聖陽、有森也実
脚本 井上ひさし
演出 鵜山 仁
料金(1枚あたり) 4,400円 ~ 6,600円
【発売日】2021/06/12
[全席指定・税込] 
一般      6,600円
学生割引    4,400円
※中学、高校、大学、各種専門学校、演劇養成所の学生の方対象

公式/劇場サイト

https://store.kinokuniya.co.jp/event/1616994474/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 8月17日(火) 19:00
8月18日(水) 14:00
8月19日(木) 14:00 / 19:00
8月20日(金) 休演日
8月21日(土) 14:00 / 17:30
8月22日(日) 14:00
8月23日(月) 14:00 / 19:00
8月24日(火) 14:00
8月25日(水) 14:00 / 19:00
8月26日(木) 休演日
8月27日(金) 14:00
8月28日(土) 14:00 / 17:30
8月29日(日) 14:00
説明 命を舞台にかけて、欠けた鏡に素顔をうつし
白粉塗る度夢を見るのは、母の姿か息子の顔か。
笑いの後に涙が一滴、可笑しくも華やかな一人芝居の二本立て。
楽屋芝居の名作があの二人で蘇る。

「お客様あっての役者」である二人の座長
捨てられた息子を演じる内野聖陽
捨てた母親を演じる有森也実

親子の絆は舞台の上。
どんなに辛い過去ですら、役に生かせと教えられた旅役者。
役者が夢を与える商売ならば、
覚悟の上に踏む板の上、たどり着いた≪幸せ≫の形とは...

観客の想像力と俳優の演技力、この二つが揃えばそれがどこであろうと そこは宇宙で唯一つの真の劇場になるだろう
――――井上ひさし
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2021/06/15 15:34 by こりっち管理人

[最終更新] 2021/06/15 15:40 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大