わらび座

群馬県民会館・ベイシア文化ホール(群馬県)

他劇場あり:

2008/12/14 (日) ~ 2008/12/14 (日) 公演終了

上演時間:

すべては家康のキリシタン弾圧により
天草から追放された外国人神父の予言から始まった。

「今から26年後、この地に善き人現れるだろう。
その幼き子は、習わざるに諸事をきわめ
やがては野山に白旗をたて
諸人の頭に十字架(クルス)をたてるだろう 」

そして26年後、島原と天草でキ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/14 (日) ~ 2008/12/14 (日)
劇場 群馬県民会館・ベイシア文化ホール
出演 碓井涼子、丸山有子、安倍幸太郎(劇団M.M.C)、荻原紀(ミズキ事務所)、長掛憲司、他
作曲 甲斐正人
脚本 長谷川康夫
演出 井上思
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 4,500円
【発売日】
指定席 : 4500円
自由席 : 3000円 高校生以下2000円
サイト

http://www.warabi.jp/amakusa/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 すべては家康のキリシタン弾圧により
天草から追放された外国人神父の予言から始まった。

「今から26年後、この地に善き人現れるだろう。
その幼き子は、習わざるに諸事をきわめ
やがては野山に白旗をたて
諸人の頭に十字架(クルス)をたてるだろう 」

そして26年後、島原と天草でキリシタンの農民たちがいっせいに蜂起。
その先頭に立つ鎧姿の美少年こそが
天草四郎時貞と名を変え、男の姿になった16歳の志乃だった…
その他注意事項
スタッフ 作:長谷川 康夫
演出:井上 思
作曲・音楽監督:甲斐 正人
作詞:竜 真知子
振付:田井中 智子
美術:土屋 茂昭
照明:大島 祐夫
衣裳:出川 淳子
音響:押久保 豊
小道具:平野 忍
声楽指導:矢部 玲司
演出助手:小沢 瞳
舞台監督:三重野 一朗

[情報提供] 2008/12/01 12:09 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/02/02 11:27 by しのぶ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大