演劇

久世光彦四回忌追悼

帰ってきた浅草パラダイス

松竹

新橋演舞場(東京都)

2009/02/01 (日) ~ 2009/02/25 (水) 公演終了

上演時間:

新橋演舞場空前の人気作として、各席を笑いと涙で包み込んできた、あの“浅草パラダイス”が、8年ぶりに帰ってきます!

金子成人原作、久世光彦演出により、幾度も上演されてきたこのシリーズ。久しぶりの今回、柄本明、中村勘三郎、藤山直美の名トリオに、初参加の小島秀哉、美波の豪華競演陣を迎えてご覧に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2009/02/01 (日) ~ 2009/02/25 (水)
劇場 新橋演舞場
出演 柄本明、小島秀哉、中村勘三郎、藤山直美、美波
脚本 金子成人、ラサール石井
演出 久世光彦、ラサール石井
料金(1枚あたり) 2,600円 ~ 15,000円
【発売日】2008/12/24
1等席:14,000円 2等席:8,400円 3階A席:4,200円 3階B席:2,600円 1階桟敷席:15,000円
サイト

http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/0902/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 新橋演舞場空前の人気作として、各席を笑いと涙で包み込んできた、あの“浅草パラダイス”が、8年ぶりに帰ってきます!

金子成人原作、久世光彦演出により、幾度も上演されてきたこのシリーズ。久しぶりの今回、柄本明、中村勘三郎、藤山直美の名トリオに、初参加の小島秀哉、美波の豪華競演陣を迎えてご覧にいれるは、その名も『帰ってきた 浅草パラダイス』!!久世光彦追悼の意も込めながら、新しくラサール石井を脚色・演出に迎え、“破れかぶれの面白さ”を縦横無尽に繰り広げます。

昭和初期の浅草。活気あふれるこの街には夢と希望を求めて、あらゆる人々が集まっていました。貧乏でも夢さえあれば人生なんて何とかなる。浅草で出会い、別れて、泣き、笑い。人間模様の行き着く先は…。

お待ちかね、これがホントの楽園(パラダイス)。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2008/11/30 10:26 by CoRich案内人

[最終更新] 2010/02/08 21:37 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大