演劇

梅左事務所

綾描恋糸染

オフィス樹

シアターX(カイ)(東京都)

2008/12/12 (金) ~ 2008/12/13 (土) 公演終了

上演時間:

現代アートの空間に歌舞伎音楽が融合し、
長唄と役者たちが競演する
男と女の情念を描く唄浄瑠璃の世界

江戸は両国橋の近く、糸問屋の娘おこんは貰い子で、惣領息子の与之助とは姉弟として育っていたが互いに恋慕うようになっていた。 おこんは21、親の素性が知れぬことから嫁に行き遅れているのを心...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/12 (金) ~ 2008/12/13 (土)
劇場 シアターX(カイ)
出演 遠藤かがり、堀内紀宏、田村順子、坂浦洋子、小池妙佳、長唄:吉住小与ひで、三味線:杵屋佐之義(杵屋佐之忠社中)、鳴物:望月太喜之丞
脚本 堀川登志子
演出 堀川登志子
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,500円
【発売日】
前売:4,000円 当日:4,500円 高校生以下:3,000円(全席自由)
サイト

http://www.theaterx.jp/08/081112.shtml

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 現代アートの空間に歌舞伎音楽が融合し、
長唄と役者たちが競演する
男と女の情念を描く唄浄瑠璃の世界

江戸は両国橋の近く、糸問屋の娘おこんは貰い子で、惣領息子の与之助とは姉弟として育っていたが互いに恋慕うようになっていた。 おこんは21、親の素性が知れぬことから嫁に行き遅れているのを心配した養母のはからいで武家との縁組が決まろうとしていた。 おこんと与之助はふたり仲を許してもらおうと打ち明ける決心をしたのだったが・・・ おこんは養父の口から思いがけない真実を聞かされ我が身の皮肉な運命に嘆き悲しむのだった。 それはまるで蜘蛛の糸に絡め取られるようにおこんの身を縛り、ふたりは翻弄されていく・・・
その他注意事項
スタッフ 脚本・演出 : 堀川登志子
音楽   : 杵屋佐之忠
振付   : 嵐椿三郎
美術   : 小田切ようこ
照明   : 清水義幸
舞台監督  : 佐藤大幸
制作   : 平樹典子 本地陽彦
協力   : ヒラタオフィス

[情報提供] 2008/11/27 17:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/27 17:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大