演劇

陽のあたる教室プロデュース公演

しあわせの三角おにぎり

実演鑑賞

EnziruLifeTheater 陽のあたる教室

かざこしホール(長野県)

2021/10/16 (土) ~ 2021/10/17 (日) 開幕前

上演時間: 約2時間0分(休憩なし)を予定

公式サイト: https://infohkobayashiweb.wixsite.com/home/performer-announcement-vol1

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
信州のとある街にある小さな喫茶「ドレープ」の売りは、母が握る硬めのおにぎり。
毎年、10月20日は、常連客を招待して3つのお祝いをする。
2019年10月16日。
24回目の結婚記念日とオープン20周年感謝祭、そして、母の61歳の誕生日のお祝いを10月20
日に控えた三田家だったが、1...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2021/10/16 (土) ~ 2021/10/17 (日)
劇場 かざこしホール
出演 小原華、小林英樹、野口千英子、他
脚本 小林英樹
演出 小林英樹
料金(1枚あたり) 2,500円 ~ 4,000円
【発売日】2021/09/07
公式/劇場サイト

https://infohkobayashiweb.wixsite.com/home/performer-announcement-vol1

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 信州のとある街にある小さな喫茶「ドレープ」の売りは、母が握る硬めのおにぎり。
毎年、10月20日は、常連客を招待して3つのお祝いをする。
2019年10月16日。
24回目の結婚記念日とオープン20周年感謝祭、そして、母の61歳の誕生日のお祝いを10月20
日に控えた三田家だったが、10月16日に母が他界。
2021年10月16日。
2年前のあの日からずっと塞ぎ込んでいる父は、趣味の登山はもちろん、外出もほとんどしない。何を
してあげたらいいのか…。長女は20日にささやかなお祝いの会を開こうと考える。
三回忌を終えた夜、長女と次女が在りし日の家族を思い出す。
三女は久しぶりに帰省した。
父は、これまで向き合うことができなかった母の日記を開く。
そこに書かれていたことは、家族に対する愛。
入院中の三女とのやり取り。
そして、たくさんのレシピ。
三回忌の翌日、いつもの「ドレープ」が始まる。
マッチングアプリに夢中な女。スナックのママ。ネット販売に嵌る女。次女に好意を寄せる男。便利屋
の女。婚活中のハンドボール選手。20歳年上の彼と結婚したいという娘に頭を抱える母。何でも言い
合える幼馴染といった常連客は個性的。
常連客と触れ合い、家族と向き合い、20日のお祝いを通して、自分を見つめ直す父と娘。
日記を読んだ長女と次女はおにぎりを握った。
それは思い出いっぱいの味だった。
三女が久しぶりに帰省した母の三回忌をきっかけに、
家族の時がゆっくりと動き出し、
亡き母のことを知っていく。
その他注意事項
スタッフ 【演出助手】安野多佳
【音楽】横前恭子
【照明】原恭平
【写真】大石将平
【舞台美術】倉嶋公二

[情報提供] 2021/04/04 00:16 by 小林英樹

[最終更新] 2021/04/04 00:22 by 小林英樹

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大