公益財団法人日本舞台芸術振興会

東京文化会館 大ホール(東京都)

2008/05/23 (金) ~ 2008/05/27 (火) 公演終了

上演時間:

大晦日の夜、夫婦がそれぞれ偽名を名乗って別々に舞踏会に。
夫が誘惑したのはなんと変装した妻だった。シャンパンの泡のように次々にはじけるワルツとポルカにのって繰り広げられるドンチャン騒ぎ。すべては“こうもり”とあだ名される男が仕組んだ茶番劇だったことが判明するが、「シャンパンが悪酔いさせたの...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/05/23 (金) ~ 2008/05/27 (火)
劇場 東京文化会館 大ホール
出演 ウィーン・フォルクスオーパー
作曲 J.シュトラウスII世
演出 ハインツ・ツェドニク
料金(1枚あたり) 7,000円 ~ 39,000円
【発売日】2007/11/10
S:39,000 A:34,000 B:29,000 C:23,000 D:18,000 E:13,000 F:9,000 エコノミー:8,000 学生:7,000
サイト

http://www.nbs.or.jp/stages/0805_vw/index.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 大晦日の夜、夫婦がそれぞれ偽名を名乗って別々に舞踏会に。
夫が誘惑したのはなんと変装した妻だった。シャンパンの泡のように次々にはじけるワルツとポルカにのって繰り広げられるドンチャン騒ぎ。すべては“こうもり”とあだ名される男が仕組んだ茶番劇だったことが判明するが、「シャンパンが悪酔いさせたのね」ということで、一切を水に流すことに・・・。
日本公演のために用意されたスペシャル・キャスト。上質なシャンパンで酔ったような幸福感。ウィーン・オペレッタの黄金時代を築いた傑作の本当の魅力は、ウィーン・フォルクスオーパーでしか味わえない!
その他注意事項
スタッフ 作曲:J.シュトラウスII世
演出:ハインツ・ツェドニク

指揮:レオポルト・ハーガー
演奏:ウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団
合唱:ウィーン・フォルクスオーパー合唱団
バレエ:ウィーン国立バレエ団

【出 演】 
ロザリンデ     ナンシー・グスタフソン(5/23,25,27)
          エディット・リーンバッハー(5/24)
アデーレ      ナタリー・カール(5/23,25,27)
          ダニエラ・ファリー(5/24)
イーダ       マルティナ・ドラーク
オルロフスキー公爵 ヨッヘン・コワルスキー
アイゼンシュタイン ディートマール・ケルシュバウム(5/23,25,27)
          セバスティアン・ホレチェク(5/24)
ファルケ博士    ミリェンコ・トゥルク(5/23,25,27)
          マティアス・ハウスマン(5/24)
アルフレート    ルネ・コロ
フランク博士    カルロ・ハルトマン(5/23,25,27)
          ヨゼフ・ルフテンシュタイナー(5/24)
フロッシュ     ハインツ・ツェドニク
ブリント博士    ゲルノート・クランナー(5/23,25,27)
          カール=ミヒャエル・エブナー(5/24)

特別協賛:王子製紙、オリンパス         
協  賛:クレハ、清水建設、商船三井、ソニー、大日本印刷、
     ハウス食品、みずほコーポレート銀行         
主  催:財団法人日本舞台芸術振興会、日本経済新聞社 
後  援:オーストリア大使館

[情報提供] 2008/11/26 12:44 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/26 12:50 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大