舞踊・バレエ

JAPAN ARTS

フェスティバルホール(大阪府)

他劇場あり:

2008/12/14 (日) ~ 2008/12/14 (日) 公演終了

上演時間:

 セルバンテスの小説の一エピソードをもとにしたバレエ《ドン・キホーテ》は、若いカップルのキトリとバジルが主人公。バジルとの結婚を許さないキトリの父を説得して、二人が結婚式を挙げるまでの愉快な物語である。スペイン的情熱や奔放さ、ユーモラスな演技などが特徴で、神聖な透明感のある「白いバレエ」とは異...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/14 (日) ~ 2008/12/14 (日)
劇場 フェスティバルホール
出演 ロシア国立ボリショイ・バレエ
演出
振付 アレクセイ・ファジェーチェフ
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 17,000円
【発売日】
S-17,000円 A-14,000円 B-12,000円 C-10,000円 D-8,000円
サイト

http://www.japanarts.co.jp/html/2008/ballet/bolshoi/index.htm

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  セルバンテスの小説の一エピソードをもとにしたバレエ《ドン・キホーテ》は、若いカップルのキトリとバジルが主人公。バジルとの結婚を許さないキトリの父を説得して、二人が結婚式を挙げるまでの愉快な物語である。スペイン的情熱や奔放さ、ユーモラスな演技などが特徴で、神聖な透明感のある「白いバレエ」とは異なる人間味あふれるバレエ。踊り自体も、感情表現に比例して、豪快でスケールが大きい。現在世界で上演されている《ドン・キホーテ》は、プティパの原典版を、1900年にボリショイ劇場で、ゴールスキーが改変した版がオリジナル。ボリショイ・バレエはこの作品から、ペテルブルグ派のバレエ・スタイルと明確に一線を画すものを確立したため、彼らのスタイルの原点となった大切な作品であり、大得意のバレエである。今回は、稀有のスケールの跳躍を見せる十代のワシーリエフ、高度な技を滑らかにこなすアレクサンドロワ等々の名演が楽しみである。
(村山久美子/舞踊評論家)
その他注意事項 予定出演日・来日ソリストは、今後も変更になる場合がございます。
公演日ごとの最終的な出演者は当日発表とさせていただきます。
出演予定者・演目に変更がありましても、お求めいただきましたチケットのキャンセルや公演日の振替等はお受け致しかねますので、あらかじめご了承下さい。
スタッフ <プロローグ付全3幕>
上演時間:約3時間(休憩2回含む)

主催:朝日新聞/ジャパン・アーツ
後援:ロシア大使館/日口音楽家協会
特別協賛:日興シティホールディングス株式会社

[情報提供] 2008/11/23 17:20 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/23 17:23 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大