演劇

エイブルアート・オンステージ コラボ・シアター・フェスティバル

近代能楽集「弱法師」

演劇

エイブルアート・オンステージ コラボ・シアター・フェスティバル

よろぼし

近代能楽集「弱法師」

エイブル・アート・ジャパン

松陰コモンズ(東京都)

2008/12/21 (日) ~ 2008/12/23 (火) 公演終了

上演時間:

この作品は、60歳以上の女性に限定して俳優を募集し、「母と子の関係」に焦点をあて、三島由紀夫の『弱法師』を読み解いた作品です。作品は劇場を飛び出して、母親たちが暮らす「家」を舞台に、お客様を劇的世界へといざないます。人生の残量を意識している人間の飽くなき探究心と、自覚的な表現衝動が生み出す世界...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/21 (日) ~ 2008/12/23 (火)
劇場 松陰コモンズ
出演 世羅たか子、浦弘毅、山口恭子、小出直子、佐藤道子、武島幸子、竹末ハルミ、堤泰子、中江育子、なかむらとし子、藤吉律子、吉永登志子
脚本
演出 倉品淳子(劇団山の手事情社)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,300円
【発売日】
一般 前売・予約:1,800円 当日: 2,300円
割引 前売・予約:1,000円 当日: 1,500円

サイト

http://www.ableart.org/AAonstage/2008fes.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 この作品は、60歳以上の女性に限定して俳優を募集し、「母と子の関係」に焦点をあて、三島由紀夫の『弱法師』を読み解いた作品です。作品は劇場を飛び出して、母親たちが暮らす「家」を舞台に、お客様を劇的世界へといざないます。人生の残量を意識している人間の飽くなき探究心と、自覚的な表現衝動が生み出す世界は、時にコミカルに時に残酷に、現代日本の親子の姿を予見し、今も昔も変わらない母親という存在の悲しさを浮き彫りにします。
2008年4月に、福岡の個人宅での公演を実施。各種メディアにも取り上げられた話題のプロジェクトが、東京公演を開催します。

その他注意事項 ★ポストパフォーマンストーク(23日13時の回):松井周(サンプル主宰、演出家・劇作家・俳優)×倉品淳子(本作品構成・演出)

スタッフ テクニカルスタッフ:押淵絢子、岩淵吉能
イラスト:林晃久 
制作:森山淳子、劇団山の手事情社

[情報提供] 2008/11/18 15:47 by エイブル・アート・ジャパン

[最終更新] 2008/12/23 01:17 by kdw

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大