松竹

新橋演舞場(東京都)

2020/12/12 (土) ~ 2020/12/12 (土) 開幕前

上演時間:

この冬、新派が贈る名作舞台! 心震える朗読劇をあなたに—

一、鶴八鶴次郎 
鶴八鶴次郎が出る席の近所は、
八町四方の寄席、芝居が
不入りになると云うところから、
八町飢餓の異名が生まれたのだった。

二、春色浅草ぐらし 
女と生まれて来た甲斐には人の女房にもなって見たいが、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/12/12 (土) ~ 2020/12/12 (土)
劇場 新橋演舞場
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 4,000円 ~ 4,000円
【発売日】2020/11/22
【ご観劇料(税込)】
4,000円
サイト

https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujo2012_01/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2020年12月12日(土)午後1時開演
説明 この冬、新派が贈る名作舞台! 心震える朗読劇をあなたに—

一、鶴八鶴次郎 
鶴八鶴次郎が出る席の近所は、
八町四方の寄席、芝居が
不入りになると云うところから、
八町飢餓の異名が生まれたのだった。

二、春色浅草ぐらし 
女と生まれて来た甲斐には人の女房にもなって見たいが、身分にすぎた相手を持って肩身を狭くするのも辛い。
亀次郎なら情人(イロ)では厭だが、四郎ならば女房が嫌だ…。
その他注意事項
スタッフ 一、鶴八鶴次郎
鶴八 : 春 本 由 香
鶴次郎 : 児 玉 真 二
鶴子・小女 : 斉 藤 沙 紀
竹野 : 柳 田   豊
佐平 : 三 原 邦 男
 
 
二、春色浅草ぐらし
お妻 : 川 中 美 幸
四郎 : 桂   佑 輔
亀次郎・円玉 : 喜多村 次 郎
おれん・お峯 : 山 吹 恭 子
信吉 : 市 村 新 吾

[情報提供] 2020/11/09 08:42 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/11/09 08:45 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大