演劇

短編演劇展

おばけばかり

ぺぺぺの会

シアターグリーン BASE THEATER(東京都)

2020/12/04 (金) ~ 2020/12/06 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間45分(休憩なし)を予定

 若手の三劇団が、演劇祭「おばけばかり」を開きます。

 ブロードウェイの劇場では、誰もいない深夜の劇場に集まってくる「おばけ」たちのために、ゴーストライトという明かりが一晩中が灯されるそうです。

 現在、コロナウイルスの世界的な流行により、深夜でなくとも、劇場から人の気配は消え、演...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/12/04 (金) ~ 2020/12/06 (日)
劇場 シアターグリーン BASE THEATER
出演 石塚晴日(ぺぺぺの会)、佐藤鈴奈(ぺぺぺの会)、熊野美幸(ぺぺぺの会)、松浦みる(いいへんじ)、飯尾朋花(いいへんじ)、小澤南穂子(いいへんじ)、大木菜摘(魔法の竹馬ミナもやん)、むらのほなみ(魔法の竹馬ミナもやん)
脚本 宮澤大和(ぺぺぺの会)、中島梓織(いいへんじ)、黒澤優美(魔法の竹馬ミナもやん)
演出 宮澤大和(ぺぺぺの会)、中島梓織(いいへんじ)、黒澤優美(魔法の竹馬ミナもやん)
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2020/11/01
詳細はしばらくお待ちください。
サイト

https://pepepepepe.amebaownd.com/posts/10092479?categoryIds=1792707

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月4日(金) 14:00/18:00
12月5日(土) 14:00/18:00
12月6日(日) 13:00
説明  若手の三劇団が、演劇祭「おばけばかり」を開きます。

 ブロードウェイの劇場では、誰もいない深夜の劇場に集まってくる「おばけ」たちのために、ゴーストライトという明かりが一晩中が灯されるそうです。

 現在、コロナウイルスの世界的な流行により、深夜でなくとも、劇場から人の気配は消え、演劇界にはたくさんの「おばけ」が生まれてしまったように思います。演劇ができなくなった俳優、空っぽの客席、上演中止の作品・・・。あるべきモノがなくなったその場所には、肉体なき「おばけ」たちが漂っているようです。

 今、ようやく劇場は、徐々に再開されはじめました。

 しかし、未だ中止を余儀なくされる公演が後を絶たず、飛沫防止のために客席に向かって大きな声が出せないなど、コロナ以前の演劇は戻ってきていません。客席は1席ごとに空けられ、そこには今も「おばけ」が座っています。

 私たちは、この期間にあったはずだった演劇を、なかったことにしないために、演劇の「おばけ」が集まる場所として、若手の三劇団が短編演劇展「おばけばかり」を開催いたします。

 おばけたちは、ここにいます。





【参加団体】

<ぺぺぺの会>
ぺぺぺの会は、2018年11月に発足した、令和時代のあたらしいアートを作ろうとする「ぺ」のヒトビトのあつまり。

二十代前半の若手メンバーから構成され、現在は、宮澤大和の詩を用いて、ポストドラマ性を強く打ち出しつつも、その潮流に収まりきらないような作品を主に作っています。

とくに、既存の演劇における「見る・見られる」の関係を批判的に問い直し、観客がその作品の一部になるような演劇を作ります。

2018年5月 新潟古町えんとつシアターにて、第0回公演『獄中のYOUTUBER』上演。
2018年11月 「一人称^自分」で旗揚げ。
2019年9月 シアターグリーン学生芸術祭Vol.13 にて優秀賞を受賞。
2020年5月 『No.1 Pure Pedigree』がこりっち舞台芸術祭 最終審査にノミネート。
2020年5月 『No.1 Pure Pedigree』が新型コロナウイルスのため上演延期。



<いいへんじ>
早稲田大学演劇倶楽部出身の中島梓織と松浦みるを中心とした演劇団体。

答えを出すことよりも、わたしとあなたの間にある応えを大切に、
ともに考える「機会」としての演劇作品の上演を目指しています。
個人的な感覚や感情を問いの出発点とし言語化にこだわり続ける脚本と、
くよくよ考えすぎてしまう人々の可笑しさと愛らしさを引き出す演出で、
個人と社会との接点を見出したいと考えています。

2016年11月 結成、2017年6月 旗揚げ。
2017年8月 シアターグリーン学生芸術祭Vol.11 にて優秀賞を受賞。
2018年2月 下北ウェーブ2018に選出。
2020年4月 中島梓織、松浦みる、飯尾朋花、小澤南穂子の四人体制となる。
2020年5月 『夏眠/過眠』が第7回せんだい短編戯曲賞 最終候補作品にノミネート



<魔法の竹馬ミナもやん>
尚美学園大学で出会った、演劇をつくる3人。2020年に発足。
劇団名の魔法少女っぽさはわざとだが、魔法少女になりたいわけではない。

過去のアンケートには、
「不思議」「不安になる」「怖い」が大多数を占めるなど、
笑って良いのかわからない演劇作品として、高く評価されている。

――――笑っても大丈夫です!
今のところ。


2020年6月 旗揚げしたが、コロナの影響で旗揚げ公演が果たせないでいる。
その他注意事項 【新型コロナウイルスの対応について】

昨今の新型コロナウイルスの感染予防のため、
参加団体では稽古場・劇場で最大限の注意を払い、俳優・演出家・スタッフに、毎朝の検温と体調管理・それらの毎日の記録を義務づけながら、稽古・運営いたします。

しかし、万全の対策を試みたとしても、劇場でのお客様同士の感染の全てを防ぐことはできないという現状があります。

そこで、お客様にお願いがあります。
もし、ご予約日・もしくはその前日に、

①咳が出ている
②37.5度以上の熱がある
③自身と同居している人に、①または②の症状がある人がいる

のいずれか一つにでも当てはまる方は、他のお客様と俳優・スタッフの安全のため、ご観劇をご遠慮ください。その際、キャンセル料はかかりませんが、観たい他のお客様にお席を譲るために、ご一報いただけましたら幸いです。

また、新型コロナウイルスの感染が確認できた際に、みなさんに迅速にご連絡できるよう、ご観劇日の当日に、お客様のお名前・緊急連絡先を、緊急連絡先記入表にご記入いただきます。その際にお預かりした個人情報は、他の目的には一切使用せず、公演終了4週間後に適切な手段を用いて破棄いたします。

会場にご来場されるお客様におかれましては、原則として、アルコール消毒とマスクの着用をお願いしております。何らかの事情により、アルコールの消毒やマスクの着用が難しい場合は、ご予約時にご相談ください。ご覧いただけるように、対応させていただきます。

感染拡大を防ぎつつ、安全かつ慎重な運営を心がけていきます。

ご協力のほど、何卒、宜しくお願い致します。
スタッフ 【主催】
ぺぺぺの会

【スタッフ】
宣伝美術:羽田朱音[フライヤー]、熊野美幸[仮フライヤー]
制作補佐:谷川清夏、百瀬啓
総合制作:鈴木南音(ぺぺぺの会/無隣館)

【協力】
シアターグリーン学生芸術祭事務局、いいへんじ、魔法の竹馬ミナもやん

[情報提供] 2020/09/17 14:05 by みなと

[最終更新] 2020/09/19 20:41 by みなと

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー3

れいな

れいな(0)

役者・俳優

「おばけばかり」に携わっているメンバーです。

石塚晴日

石塚晴日(0)

役者・俳優 演出

俳優として、ぺぺぺの会の舞台に参加いたします。どうぞ、...

みなと

みなと(4)

脚本 ドラマターグ 制作 当日運営 Webサイト

総合制作です。 このご時世ですが、無事に上演できるよ...

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大