演劇

レパートリーシアターKAZE 2008

フランクフルトに恋人がいるサックス奏者が語るパンダの物語

モルドバ・ルーマニア・フランスツアー 凱旋公演

東京演劇集団風

レパートリーシアターKAZE(東京都)

2008/12/22 (月) ~ 2008/12/23 (火) 公演終了

上演時間:

あるアパートの一室。
ある朝、男が目覚めると、同じベットに見知らぬ女性がいる。
そして彼と彼女の愛の物語が始まり、
不思議な9夜が過ごされる。

2008年5月、モルドバ《ウジェーヌ・イヨネスコ劇場フェスティバル"BITEI"(ビエンナーレ国際演劇祭)》の招待参加公演に始まり、6月に...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/22 (月) ~ 2008/12/23 (火)
劇場 レパートリーシアターKAZE
出演 中村滋、渋谷愛
脚本 マテイ・ヴィスニユックMateiVisniec
演出 南雲史成
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 4,000円
【発売日】2008/11/01
当日4000円/前売3800円/学生3300円(全席自由)
サイト

http://www.kaze-net.org

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 あるアパートの一室。
ある朝、男が目覚めると、同じベットに見知らぬ女性がいる。
そして彼と彼女の愛の物語が始まり、
不思議な9夜が過ごされる。

2008年5月、モルドバ《ウジェーヌ・イヨネスコ劇場フェスティバル"BITEI"(ビエンナーレ国際演劇祭)》の招待参加公演に始まり、6月にはルーマニア《シビウ国際演劇祭》、フランス・ブリニー劇場にて招待参加公演、7月10日~31日の21日間、世界各国の芸術家、演劇人たちが集結する、フランス"アヴィニョン国際演劇祭"(ブル・ヌフ劇場)で20stの公演を経験し、海外3ヵ国の観客の前に立つ挑戦の機会を得た、マテイ・ヴィスニユック作『パンダの物語』、レパートリーシアターKAZEでの凱旋公演。
その他注意事項
スタッフ 音楽:八幡茂
舞台美術:ズザンナ・ピョントコフスカ Zuzanna Piatkowska
照明:フランソワ・シャファン Francois Chaffin
舞台監督:江原早哉香
音響オペレータ:車宗洸
照明オペレータ:安永瞬

[情報提供] 2008/11/10 19:28 by 東京演劇集団風

[最終更新] 2008/11/11 17:11 by 東京演劇集団風

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大