TRASHMASTERS

あかがねミュージアム 多目的ホール(あかがね座)(愛媛県)

他劇場あり:

2020/10/29 (木) ~ 2020/10/29 (木) 開幕前

上演時間:

水に沈んで村は消えても、あの時の記憶は消えない…

保険の外交員であり高知市内に住む川村明水(かわむらあけみ)は、弟の源が住む大川村に来ていた。ダムの上に掛かる橋の上で、明神という新聞記者と出会う。明神は、人口減少が著しい大川村で議員が定員割れし、村議会から村民総会になる可能性があるという...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/10/29 (木) ~ 2020/10/29 (木)
劇場 あかがねミュージアム 多目的ホール(あかがね座)
出演 星野卓誠、森田匠、長谷川景、藤堂海、井場景子、原田樹里、ゆかわたかし、山本亘
脚本 中津留 章仁
演出 中津留 章仁
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 2,500円
【発売日】
全席自由
 一 般   前売り2,000円 当日2,500円
 高校生以下 前売り1,000円 当日1,500円 
 ※未就学児の入場はご遠慮ください
サイト

http://www.kfca.jp/kikaku/maibotsu/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 【愛媛公演中止】
10月29日(木) 開場18:30 開演19:00
説明 水に沈んで村は消えても、あの時の記憶は消えない…

保険の外交員であり高知市内に住む川村明水(かわむらあけみ)は、弟の源が住む大川村に来ていた。ダムの上に掛かる橋の上で、明神という新聞記者と出会う。明神は、人口減少が著しい大川村で議員が定員割れし、村議会から村民総会になる可能性があるという記事を書き、全国的に話題となった記者である。大川村の人口が減少するきっかけとなったのは、1950年代から70年代にかけて計画されたダム建設に端を発していた。
この物語は、過去にダム建設に反旗を翻し激しく抵抗した大川村の人々と、過疎化して未来が見えない現在の大川村の状況を描きながら、村を捨てた人間と村に留まった人間それぞれの葛藤を描き、日本の地域社会の在り方を世に問う物語である……。
その他注意事項
スタッフ 音楽:高畠洋
舞台美術:原田愛
音響:島貫聡
照明:宮野和夫
舞台監督:白石定(STAGE WORKS)
イラスト:BRAKICHI 
協力:イーエックス、ラッキーリバー、演劇集団キャラメルボックス、ナッポスユナイテッド、PuR
制作:久保田遥南

[情報提供] 2020/08/04 15:21 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/08/04 20:33 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大