演劇

三木美智代ひとり芝居

「業火」GOUKA

0 お気に入りチラシにする

演劇

三木美智代ひとり芝居

「業火」GOUKA

劇団 風蝕異人街

扇谷記念スタジオ・シアターZOO(北海道)

2020/09/05 (土) ~ 2020/09/06 (日) 開幕前

上演時間:

2016年桃井かおりによって映画化された「火 Hee」を
三木美智代ひとり芝居として舞台化

何かを燃やしてなければ存在できない、綺麗な、悪・・・
-私は、何かを燃やしていなければ存在できない。純粋な悪を心の内に潜ませている-
かつて放火を犯した女が、精神鑑定をする精神科医との対話を...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/09/05 (土) ~ 2020/09/06 (日)
劇場 扇谷記念スタジオ・シアターZOO
出演 三木美智代
脚本 こしば きこう
演出 こしばきこう
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 3,300円
【発売日】
一般前売 :2,800円
当日:3,300円
U25:2,000円
サイト

http://www.h-paf.ne.jp/zoo/program-index/?program_id=2191

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 9月5日(土) 
 15:00/19:00
9月6日(日)
 14:00/18:00
説明 2016年桃井かおりによって映画化された「火 Hee」を
三木美智代ひとり芝居として舞台化

何かを燃やしてなければ存在できない、綺麗な、悪・・・
-私は、何かを燃やしていなければ存在できない。純粋な悪を心の内に潜ませている-
かつて放火を犯した女が、精神鑑定をする精神科医との対話を通じて、その呪われた女の生涯を独白するサスペンス風な一人芝居。主人公の女は放火を犯しながら、罪の意識さえない。しかも物事を判断する尺度さえ折れ曲がっているとしか思えない女。だが彼女の「狂気」の炎は、誰でもいいから他者とつながろうとする生のあがきをあぶり出している。
その他注意事項
スタッフ 原作:中村文則「火」 

照明・美術:こしばきこう
音響オペレーター:山川 瞳
舞台監督:高城麻衣子
宣伝美術:MIKI

[情報提供] 2020/07/27 11:11 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/07/27 11:12 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大