K Dash Stage

シアターサンモール(東京都)

2008/11/27 (木) ~ 2008/12/07 (日) 公演終了

上演時間:

舞台は文化祭を一ヶ月後に控えた文化祭実行委員たちが集まる教室。
ダンス部の琴子は部室が狭く、この教室を利用しようと無理矢理実行委員に。
琴子に思いを寄せる金ちゃんはもちろん、イヤミな先輩、セクハラ教師、不気味な保健室の先生、
直樹ファンのキャピキャピ女子高生三人組、琴子のライバル、占い好...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/27 (木) ~ 2008/12/07 (日)
劇場 シアターサンモール
出演 水谷あつし、本木翔太、鷲尾昇、加藤良輔、田中里枝、安倍麻美、八神蓮、颯太、仲村瑠璃亜、黒木マリナ、花井ゆき、小野賢章、升ノゾミ、秋元麻衣、星野亜門、水野夏美、谷和憲、疋田英美、寺田ちひろ、三田村春奈、藤岡静香、小林さり、岡田理恵、溝口真央、米田良子
脚本 多田かおる(原作)、坪田塁(脚本)
演出 坪田塁
料金(1枚あたり) 5,500円 ~ 5,500円
【発売日】2008/10/01
税込・全席指定
*未就学児のご入場はご遠慮下さい。
サイト

http://www.ita-kiss.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 舞台は文化祭を一ヶ月後に控えた文化祭実行委員たちが集まる教室。
ダンス部の琴子は部室が狭く、この教室を利用しようと無理矢理実行委員に。
琴子に思いを寄せる金ちゃんはもちろん、イヤミな先輩、セクハラ教師、不気味な保健室の先生、
直樹ファンのキャピキャピ女子高生三人組、琴子のライバル、占い好きの変わった友達、
直樹ファンのオカマっぽい男子学生など、様々なキャストが登場!
天才・クールな入江直樹を一途に思う、ドジでお茶目な相原琴子。
元気の出る青春ドラマです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
イタキスについて
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【10年経っても色褪せない魅力】

 『イタズラなKiss』は「別冊マーガレット」(集英社)で1990年6月号から1999年3月号まで掲載されたラブコメディ少女漫画の金字塔です。
  コミック全23巻、累計発売部数2,700万部を超える、世代を超えたベストセラー。多田かおる先生の代表作です。「イタキス」と呼ばれ、多くのファンに愛されて来ました。
 残念ながら多田かおる先生が急逝され、物語は未完のまま終了となりましたが、今なお多くのファンを獲得し続けています 。

 この作品は、クールな天才・入江直樹に恋をした相原琴子が、どれだけ冷たくあしらわれても、めげずに全力でぶつかってゆくラブコメディです。
 琴子のタフで元気でキュートな姿に元気をもらい、時折見せる入江くんの本音にときめいた女性がたくさんいました。
  諦めずに何度でもぶつかってゆく琴子に入江君も本音で接するようになって行きます。
 また、この二人をとりまく友人や家族も、魅力的なキャラクターで物語に躍動感を与えています。

 「イタキス」は琴子を通して、他人と全力で関わる姿を描いています。恋愛だけにとどまらず、友情や信頼、家族との絆など、きちんと人と向き合う姿勢を一貫する琴子に感情移入しいつのまにか応援してしまいます。

 物語が終了して10年が経過する中、瑞々しい魅力を失わない「イタズラなKiss」。
 舞台でもその魅力をあますところなくお伝えしてゆきます。

【ドラマ・アニメも大人気】

 1996年にテレビ朝日でドラマ化し、相原琴子を佐藤藍子さん、入江直樹を柏原崇さんが演じました。
 また、2005年、台湾で『惡作劇之吻』というタイトルでテレビドラマ化され、同年度台湾のテレビドラマ年間最高視聴率を記録。2007年12月16日に台湾で続編『イタズラなKiss2』が放送されました。
 さらに2008年4月よりTBS系列でテレビアニメが放送され、未完の物語を多田先生の構想メモをもとにアニメとして完結させるという発表に大きな反響が寄せられています。
 文庫版や新装版、コンビニ版などコミックスも続々発売され、ドラマDVDも発売が決定しています。

  7月25日と9月5日には 「イタズラなKissアニメ★TOHOシネマズ六本木ヒルズ・オールナイトスクリーン上映イベント」が行なわれ、多くのファンの方々がご来場されました。
  また渋谷パルコ、名古屋パルコにて「恋がかなう展覧会 イタズラなKiss それから…」が開催され、大好評を博しました。

【多田かおるプロフィール】
生年月日:1960年9月25日生
出身地:大阪府寝屋川市
血液型:A型
得意料理:ブタの角煮 ハンバーグ おでん たまご焼 カレー
趣味:Rock Bandの写真を撮って あとで見ること
デビューのきっかけ:第3回別マ新人長編まんが賞佳作受賞「琴美の婚約者」
デビュー作:「キッスの代償!?」
永眠:1999年3月11日(享年38歳)
その他注意事項
スタッフ 原作:多田かおる

脚本・演出:坪田 塁

脚本協力:原亜紀子
音楽:楠瀬拓哉(OVERCOME MUSIC)
振付:森 新吾(D☆D)
美術:土岐研一
照明:阿部典夫(Aプロジェクト)
音響:小幡 亨/相川幸恵(エディス・グローヴ)
舞台監督:川上大二郎
衣裳:大井崇嗣(東京衣裳)
映像:佐々木真吾
振付助手:木野村温子

宣伝美術:武田和香
web:田中ユウコ
ブログ管理:赤峰あき
宣伝写真:YUKi-TO
宣伝衣裳:谷野留美子/秋山えり
宣伝ヘアメイク:谷口小央里/関 由美



制作:紫音史おり/吉水 葵/鈴木 彩
制作協力:中野 久(ダブルアップエンタテインメント)

企画:溝口 稔(レブランド)
企画協力:佐藤裕一(レブランド)
監修:西川 茂(ミナトプロダクション)

プロデューサー:難波利幸(ケイダッシュステージ)
ゼネラルプロデューサー:松田英夫(ケイダッシュステージ)

[情報提供] 2008/11/04 23:56 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/11/05 00:09 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大