演劇

COCOON PRODUCTION 2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.8

アンナ・カレーニナ【東京・京都 全公演中止】

0 お気に入りチラシにする

演劇

COCOON PRODUCTION 2020 DISCOVER WORLD THEATRE vol.8

アンナ・カレーニナ【東京・京都 全公演中止】

Bunkamura

京都劇場(京都府)

他劇場あり:

2020/09/10 (木) ~ 2020/09/13 (日) 公演終了

上演時間:

ロシア文学の最高峰、文豪トルストイの長編大作「アンナ・カレーニナ」新たな戯曲で現代に華麗に甦る!


「アンナ・カレーニナ」はロシアを代表する文豪であるレフ・トルストイが1800年代後半に書き上げた小説で、これまで世界各国で何度も舞台化・映像化されてきたロシア文学の最高峰の長編大作です。...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/09/10 (木) ~ 2020/09/13 (日)
劇場 京都劇場
出演 宮沢りえ、宮沢氷魚、白洲迅、川島海荷、西尾まり、片岡正二郎、深見由真、金子岳憲、井上夏葉、高間智子、富沢亜古、真那胡敬二、山本龍二、大空ゆうひ、吹越満、段田安則、他
脚本 フィリップ・ブリーン
演出 フィリップ・ブリーン
料金(1枚あたり) 11,000円 ~ 11,000円
【発売日】
¥11,000
全席指定
※未就学児入場不可。
サイト

https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_anna.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2020/09/10(木)14:00
2020/09/11(金)14:00
2020/09/12(土)12:30/17:30
2020/09/13(日)12:30
説明 ロシア文学の最高峰、文豪トルストイの長編大作「アンナ・カレーニナ」新たな戯曲で現代に華麗に甦る!


「アンナ・カレーニナ」はロシアを代表する文豪であるレフ・トルストイが1800年代後半に書き上げた小説で、これまで世界各国で何度も舞台化・映像化されてきたロシア文学の最高峰の長編大作です。アンナ、ヴロンスキー、カレーニンの三角関係が中心に描かれることが多い作品ですが、この度の上演ではイギリス気鋭の演出家フィリップ・ブリーンが新解釈で戯曲化し演出いたします。

タイトルロールのアンナ・カレーニナを演じるのは、宮沢りえ。社交界の華であったが“初めての恋”に燃え上がり、心揺れ動きながらも破滅の道へと突き進んでいくアンナを生々しく演じます。そして、恋には不器用ながらも真実の愛を手に入れる誠実な男コンスタンチン・リョーヴィンを宮沢氷魚。アンナと道ならぬ恋に堕ちる、若き美青年将校アレクセイ・ヴロンスキーを白洲 迅。リョーヴィンと結ばれるドリーの妹カテリーナ・シチェルバツカヤ(キティ)を川島海荷。オブロンスキーの妻ダリヤ・オブロンスカヤ(ドリー)を大空ゆうひ。アンナの兄ステパン・オブロンスキーを吹越 満。更に、愛に不器用なアンナの夫アレクセイ・カレーニンを段田安則と、若手からベテランまで豪華キャストが結集しました。

フィリップ版「アンナ・カレーニナ」では、多様な「愛」の形が描かれる中で、破滅に向かうアンナとヴロンスキーの「愛」、カレーニンの敬虔な信仰心に寄る「愛」、未来への希望を感じさせるリョーヴィンとキティの「純愛」を対照的に描きます。公開されたビジュアルの、アンナとヴロンスキーとカレーニン、リョーヴィンとキティ、そしてオブロンスキーとドリー、それぞれが見据える先、その瞳には何を映しているのか、それぞれが向かっていく未来とは“破滅”か“希望”か…。真実の愛を追い求め揺れ動く人間たちが奏でる恋愛叙事詩にご注目ください。

出演:
宮沢りえ、宮沢氷魚、白洲迅、川島海荷、西尾まり、片岡正二郎、深見由真、金子岳憲、井上夏葉、高間智子、富沢亜古、真那胡敬二、山本龍二、大空ゆうひ、吹越満、段田安則

阿部カノン*、伊藤駿太*、熊谷俊輝*、本田伊織*、柴田紗羽*、三浦あかり*
<ミュージシャン>秦コータロー(Acc.) 河原真(Cb.) 磯部舞子*(Vln.) 会田桃子*(Vln.)
*日替わり出演
その他注意事項 ※未就学児童のご入場はご遠慮いただいております。

【重要】『アンナ・カレーニナ』 全公演中止のお知らせ
https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/20_anna/topics/3592.html
スタッフ 原作:レフ・トルストイ
翻訳:木内宏昌
美術・衣裳:マックス・ジョーンズ

照明:勝柴次朗、音楽:パディ・カニーン、音響:長野朋美、ヘアメイク:佐藤裕子、振付:平原慎太郎、擬闘:栗原直樹、アソシエイト・デザイナー:ルース・ホール、衣裳補:桜井麗、美術助手:原田愛、演出助手:相田剛志、通訳:時田曜子、舞台監督:南部丈

[情報提供] 2020/05/11 10:53 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/05/25 11:40 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大