ニットキャップシアター

THEATRE E9 KYOTO(京都府)

2020/06/18 (木) ~ 2020/06/23 (火) 開幕前

上演時間:

太郎「ピリッとしたもんが食べたいな」
次郎「カレーなんてどうでしょう」
太郎「なんやそれ」

時代は1905年夏。
場所は大阪近郊、吹田村にある庄屋屋敷「浜家」の玄関。
浜家の家族や奉公人を中心に、屋敷に出入りする村人や、
各地を回る薬屋などの姿を活写する。
その背景には日露戦...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/06/18 (木) ~ 2020/06/23 (火)
劇場 THEATRE E9 KYOTO
出演 門脇俊輔、高原綾子、澤村喜一郎、仲谷萌、池川タカキヨ、日詰千栄、福山俊朗、亀井妙子、西村貴治、越賀はなこ、山下多恵子、山下あかり、益田萠
脚本 ごまのはえ
演出 ごまのはえ
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 3,500円
【発売日】2020/04/23
一般:3,500円(前売・当日とも) 
ユース・学生:2,000円(前売・当日とも / ユースは25歳以下)
高校生以下:1,000円(前売・当日とも)
初日割:3,000円(6/18(木)のステージ限定料金)
早割:3,200円(4/23~4/30の期間限定販売)
サイト

http://knitcap.jp/curry

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 6月18日(木) 19:00-
6月19日(金) 19:00-
6月20日(土) 14:00- / 19:00-
6月21日(日) 13:00- / 18:00-
6月22日(月) 19:00-
6月23日(火) 14:00-
説明 太郎「ピリッとしたもんが食べたいな」
次郎「カレーなんてどうでしょう」
太郎「なんやそれ」

時代は1905年夏。
場所は大阪近郊、吹田村にある庄屋屋敷「浜家」の玄関。
浜家の家族や奉公人を中心に、屋敷に出入りする村人や、
各地を回る薬屋などの姿を活写する。
その背景には日露戦争を機に国民国家へ変貌する日本の姿があった――
その他注意事項 『カレーと村民』京都公演【延期】のお知らせ
http://knitcap.jp/curry/index.html#info

※全席自由
※未就学児童の入場はご遠慮ください
※当日受付順に入場整理番号を発行(事前精算のチケットのお客様から優先)
スタッフ

[情報提供] 2020/03/28 08:24 by Shun.

[最終更新] 2020/04/28 11:02 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー2

べってぃー

べってぃー(0)

役者・俳優 制作 当日運営

「カレーと村民」に携わっているメンバーです。

Shun.

Shun.(10)

役者・俳優 演奏(カホン) 制作 宣伝美術 Webサイト

「カレーと村民」に携わっているメンバーです。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大