演劇

オープニング記念公演Vol.2

「部屋」「百歩蛇と馬頭琴」

Pカンパニー

西池袋・スタジオP(東京都)

2008/11/21 (金) ~ 2008/11/30 (日) 公演終了

上演時間:

Pカンパニーは、木山事務所に所属していたメンバーが中心となって新しく活動を始めたグループです。木山事務所がずっと続けて上演をしている別役実作品。この偉大なる劇作者の作品を一つでも多く取り上げ、新たな光を当てることは、是非とも継承していきたいPカンパニーの仕事であり、オープニング公演に選ぶのは当...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/21 (金) ~ 2008/11/30 (日)
劇場 西池袋・スタジオP
出演 水野ゆふ、磯貝誠、内田龍磨、林次樹、宮川知久(声)
脚本 別役実、竹本穣
演出 木島恭、小笠原響
料金(1枚あたり) 3,300円 ~ 5,800円
【発売日】2008/10/01
前売り・当日共に3300円(全自由席)
2作品鑑賞券 5800円
サイト

http://homepage3.nifty.com/p-company/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 Pカンパニーは、木山事務所に所属していたメンバーが中心となって新しく活動を始めたグループです。木山事務所がずっと続けて上演をしている別役実作品。この偉大なる劇作者の作品を一つでも多く取り上げ、新たな光を当てることは、是非とも継承していきたいPカンパニーの仕事であり、オープニング公演に選ぶのは当然の成り行きですが、それだけでは独自性はありません。
 別役作品に拮抗する劇作者を育てることこそが、我々の目指す演劇には、なんとしても必要なのです。そこで、阿藤智恵(Vol1「しあわせな男」)、竹本穣の両氏に白羽の矢を立てました。二人とも、昨今の流行の戯曲とは、少し離れたところに位置しているかもしれません。しかし、それぞれに確かな文体と独自の劇的空間を持つ貴重な劇作者であることは間違いありません。公演まで半年しかないという時期、別役作品をイメージしての新作という過酷な条件、無謀ともいえる依頼を引受けて、見事、期待に答える新作を提供して下さいました。Pカンパニーのオープニング公演に相応しい取り合わせになったと自負しております。 
 オープニング公演Vol1「しあわせな男」「ポンコツ車と五人の紳士」は連日満席のうちに幕がおりました。ありがとうございました。
その他注意事項
スタッフ

[情報提供] 2008/10/30 13:49 by Pカンパニー

[最終更新] 2011/02/21 22:06 by Pカンパニー

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大