演劇

人類と人形の旅 あいちトリエンナーレ2016 並行企画事業ひまわりホールニューウェイヴシアターⅢ 【参加作品】

わらの骨

0 お気に入りチラシにする

演劇

人類と人形の旅 あいちトリエンナーレ2016 並行企画事業ひまわりホールニューウェイヴシアターⅢ 【参加作品】

わらの骨

星の女子さん

損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール(愛知県)

2016/10/14 (金) ~ 2016/10/15 (土) 公演終了

上演時間:

過疎化した小さな農村、そこには何十体もの案山子が立っている。
農作業をしている姿、お喋りをしている姿、バスを待っている姿……
村人の生活を模して作られたそれらはいつしか村の人間よりも数が多くなり、
彼らこそが本当の住人かのよう。
それぞれの案山子にノートが括りつけられ、
そこには名前...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2016/10/14 (金) ~ 2016/10/15 (土)
劇場 損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール
出演 鈴木亜由子(星の女子さん)、山本存智(エンターテイメント集団演無)、岡本理沙(星の女子さん)、ジル豆田(てんぷくプロ)、いちじくじゅん(てんぷくプロ)、くらっしゅのりお(てんぷくプロ)
脚本 渡山博崇
演出 渡山博崇
料金(1枚あたり) 2,100円 ~ 2,400円
【発売日】
前売り:2,100円/当日:2,400円
サイト

https://hoshinojoshisan.wixsite.com/hoshinojoshisan/waranohone

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 10月14日(金)19:00
10月15日(土)14:00

【同時上演】banko(神奈川県)『月がきこえる』
説明 過疎化した小さな農村、そこには何十体もの案山子が立っている。
農作業をしている姿、お喋りをしている姿、バスを待っている姿……
村人の生活を模して作られたそれらはいつしか村の人間よりも数が多くなり、
彼らこそが本当の住人かのよう。
それぞれの案山子にノートが括りつけられ、
そこには名前や生い立ちや人間関係までもが記されている。
誰がなんのためにそんなことをしているのか。
呪術的で、怪しげな景色の向こう側には、なにが見えるのか。
その他注意事項
スタッフ 作・演出:渡山博崇

[情報提供] 2020/01/29 10:51 by てらしま

[最終更新] 2020/01/29 10:51 by てらしま

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大