バジリコFバジオ

しもきた空間リバティ(東京都)

2007/05/18 (金) ~ 2007/05/21 (月) 公演終了

上演時間:

不可解な連続殺人と禍々しき伝説
謎と恐怖と屁理屈と不条理に満ちた昭和ゴシック・アンチ・ミステリ!

【あらすじ】

昭和24年、売れない推理小説家・土倉眩男に突如遺産相続の話が舞い込んだ。猫舌村の山林の大半を有する大資産家・猫舌家。弁護士の話によれば、彼は先代・猫舌三毛蔵の妾腹の息子...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2007/05/18 (金) ~ 2007/05/21 (月)
劇場 しもきた空間リバティ
出演 木下実香、田中あつこ、百地香織、武田諭、樋山剛一、三枝貴志、上野雅史(iOJO!)、古市海見子(メタリック農家)、中込恭史、玉川晋吾、渡辺哲、ゲスト出演:亀岡孝洋(カムカムミニキーナ)
脚本 佐々木充郭
演出 佐々木充郭
料金(1枚あたり)
【発売日】2007/04/01
前売・¥2,500
当日・¥2,800
サイト

http://www.bajirico.com/next/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 不可解な連続殺人と禍々しき伝説
謎と恐怖と屁理屈と不条理に満ちた昭和ゴシック・アンチ・ミステリ!

【あらすじ】

昭和24年、売れない推理小説家・土倉眩男に突如遺産相続の話が舞い込んだ。猫舌村の山林の大半を有する大資産家・猫舌家。弁護士の話によれば、彼は先代・猫舌三毛蔵の妾腹の息子であるとの事だった。当然のように金に目がくらんだ眩男は婚約者・百鬼園鵺子とともに生まれ故郷・猫舌村へと舞い戻る。しかしそれが猫舌家の悲劇の始まりであった。第一の犠牲者は、現当主・猫舌虎弥(眩男の腹違いの兄)。完全な密室での殺人。病身である彼のことを考慮すれば、本来、単なる病死で片付けられたかもしれない。しかし、これは正真正銘の殺人事件なのだ。鵺子の推理によれば……。
旧華族の家に生まれた箱入り娘・鵺子。駆落ち同然で眩男と家を飛び出すまで、ひらすら鬱蒼とした屋敷の中で古今東西のあらゆる推理小説を読破していたという筋金入りの推理マニヤであるこの娘。彼女は、驚く事に、猫舌村に伝わる血塗られた伝説を基に殺人事件が起こる事を事件が始まる遥か以前から妄想、いや推理していたのである。鵺子曰く、
「呪われた伝説とドロドロとした遺産を廻る人間関係……。こんな最高な条件下で殺人事件が起こらない方が不思議じゃない?」
そして彼女の空想、いや推理通り、虎弥は死に続々と猫舌一族の死人の山が築かれていく。どの事件も一見は単なる事故死や自然死としか思えないが、彼女の巧みな屁理屈、いや推理によって見事な殺人事件へと変貌していくのだった。そしていつもその第一容疑者は何故か眩男になってしまう。
財産を狙う殺人鬼 ── よりもよって愛する者の言動でそんな窮地に立たされてしまった眩男。不条理にもこのまま彼は無実の罪で投獄されてしまうのか? しかしそんな彼の前にどこから来たのか、ふらりと救世主が登場する。数々の難事件を解決したあの名探偵【金田一】である!!
果たして金田一は真犯人を暴けるのか!? そもそも犯人なんかいるのか!? 勝つのは金田一の推理か鵺子の妄想か!? 演劇史上稀に見る反推理劇がここに始まる!!
その他注意事項 【特典】
オリジナルグッズ進呈
スタッフ 【舞台監督】 中西隆雄
【舞台美術】 稲田美智子
【照明】 今西恵理(LEPUS)
【音響】 筧 良太(SoundCube)
【当日運営】 田辺恵瑠
【宣伝美術】 木下実香

[情報提供] 2007/02/06 20:57 by みわさん

[最終更新] 2008/02/25 00:26 by みわさん

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大