演劇

アボリジニ現代戯曲連続上演vol.7

ウィンドミル・ベイビー

演劇企画集団・楽天団

中野スタジオあくとれ(東京都)

2008/12/17 (水) ~ 2008/12/21 (日) 公演終了

上演時間:

可笑しくて、悲しいこのおとぎ話の、12人の登場人物をひとりで演じ語るという難役に、大方斐紗子が挑戦!
≪あらすじ≫西オーストラリア北部のある牧場にやってくるアボリジニの老女・メイメイ。
自分が洗濯女としてそこで働いていた過去を振り返る。
メイメイは、牧夫のマルバーンを料理女のサリーと取り...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/17 (水) ~ 2008/12/21 (日)
劇場 中野スタジオあくとれ
出演 大方斐紗子、演奏バロンなかざわ
脚本 デービッド・ミルロイ
演出 和田喜夫
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,300円
【発売日】2008/10/30
前売り3000円、当日3500円
サイト

http://mube.officemube.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 可笑しくて、悲しいこのおとぎ話の、12人の登場人物をひとりで演じ語るという難役に、大方斐紗子が挑戦!
≪あらすじ≫西オーストラリア北部のある牧場にやってくるアボリジニの老女・メイメイ。
自分が洗濯女としてそこで働いていた過去を振り返る。
メイメイは、牧夫のマルバーンを料理女のサリーと取り合った末に結婚する。メイメイが身ごもり、夫は彼女にルビーの指輪を贈って赤ん坊が女の子であれば ルビーと名付けることを決める。しかし冷酷な白人の主人に過酷な労働を強いられ、最初の子供を早産で亡くしてしまう。アボリジニの庭師ワンマンは、自分の手入れする庭にその子供を埋めてくれる。
サリーは身体の不自由なワンマンに好意を寄せていたが、ワンマンは白人の奥さんを好いている。酒を飲むと荒れて、妻や使用人に辛くあたる白人の主人は、子供を欲しがっていないがやがて奥さんに子が宿る。そして悲しい出来事が起こり、メイメイも巻き込まれていく…。

その他注意事項
スタッフ 翻訳:須藤 鈴/美術:香坂奈奈/音楽監修:園田容子/
照明:平松 篤/音響:木下真紀/衣裳:梶山知子/
宣伝美術:今井千恵子/ちらしイラスト:山田賢一
制作:上田郁子

[情報提供] 2008/10/23 12:24 by チャプカ

[最終更新] 2008/12/28 00:56 by チャプカ

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大