「帽子と預言者」 「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」

0 お気に入りチラシにする

実演鑑賞

名取事務所

「劇」小劇場(東京都)

2020/02/20 (木) ~ 2020/03/01 (日) 公演終了

上演時間:

公式サイト: http://www.nato.jp/prof/prof_2019_boutori.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
これこそ、パレスチナ演劇の原点! ガッサーン・カナファーニーの戯曲「帽子と預言者」。2作品本邦初演。

「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」イスラエル軍によるパレスチナ自治区ラマッラーへの侵攻を描いた独白劇。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/02/20 (木) ~ 2020/03/01 (日)
劇場 「劇」小劇場
出演
脚本 ガッサーン・カナファーニー、ラジャ・シャハデ、デヴィッド・グレイグ
演出 生田みゆき
料金(1枚あたり) 1,000円 ~ 4,500円
【発売日】
【全席指定】
前売:4,000円 当日:4,500円
シニア:3,000円(70歳以上)
学生:1,000円
高校生以下:500円
※シニア、学生は名取事務所のみ取扱い・枚数限定
公式/劇場サイト

http://www.nato.jp/prof/prof_2019_boutori.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2月20日(木) 19:00
2月21日(金) 19:00
2月22日(土) 14:00★
2月23日(日) 14:00★
2月24日(月) 14:00
2月25日(火) 14:00 / 19:00
2月26日(水) 19:00
2月27日(木) 14:00
2月28日(金) 15:00
2月29日(土) 14:00
3月1日(日) 14:00

★・・・アフタートーク開催予定(詳細はHPでご確認ください) 
※開場は開演の30分前
説明 これこそ、パレスチナ演劇の原点! ガッサーン・カナファーニーの戯曲「帽子と預言者」。2作品本邦初演。

「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」イスラエル軍によるパレスチナ自治区ラマッラーへの侵攻を描いた独白劇。
その他注意事項
スタッフ ◆「帽子と預言者」
作 :ガッサーン・カナファーニー
翻訳:渡辺真帆
演出:生田みゆき
出演:内藤裕志、山口眞司、森岡正次郎、滝沢花野、橋本千佳子、杉林健生、深堀啓太朗
演奏:常味裕司

◆「鳥が鳴き止む時ー占領下のラマッラー」
作 :ラジャ・シャハデ
脚色:デヴィッド・グレイグ(デヴィッド・グレッグ)
翻訳:吉原豊司
演出:生田みゆき
出演:田代隆秀
演奏:常味裕司

[情報提供] 2019/12/24 15:12 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/01/31 14:19 by こりっち管理人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. 名取事務所『帽子と預言者』『鳥が鳴き止む時』を拝見。 生命の危険が常に身近にある人が書く演劇。生きるためのユーモアと風刺、なるほどバンクシーか、と 帽子に比喩される物はきっと当事者によって形も色も素材も違う。 だけど、その人が… https://t.co/DzwAGw6KfI

    約1年前

  2. 名取事務所『帽子と預言者/鳥が鳴き止む時』下北沢・劇 一見ナンセンスに思える抽象的な不条理劇だが、その論理のテンポに徐々に絡め取られていく/占領下の見えない脅威に曝され、身動きが取れない状況は、異国の地の遠い出来事だとは思えず、… https://t.co/DNgxzWIqOR

    約1年前

  3. 下北沢「劇」小劇場なう。これから名取事務所「帽子と預言者」「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラー-」を観ます。 https://t.co/jpwGWp38x1

    Er1wipgwsaucyfc

    約1年前

  4. 名取事務所『帽子と預言者/鳥が鳴き止む時』パレスチナ演劇二本立。暗殺された闘士作『帽子』は何と筒井康隆ばりのドタバタSF。主役(内藤裕志)を通じ権力者だけでなく一般人の責任も問う。『鳥』は占領下も書き続けた作家(田代隆秀)の一人芝… https://t.co/59cyWJ2gVw

    約1年前

  5. 名取事務所『帽子と預言者』観劇 きっと他の幾人かの演出家なら、もっと露骨にパレスチナを描く…かも。パレスチナに縁がない人に、現実の片鱗を伝えるかのように。 それでも、不条理劇としての洗練があるこの演出と、もう1作品との二本立てと… https://t.co/gWob4mU3Yg

    約1年前

  6. 名取事務所『帽子と預言者』観劇 コミカルな演出と演技は、不条理をコメディにする。多くの不条理劇がそうであるように。──けれど、この作品を、活動家であり爆殺されたカナファーニーが書いたと思うたび、あまりにも苦しい。 それでも他人ご… https://t.co/wgvfCBFAcJ

    約1年前

  7. 名取事務所『帽子と預言者』観劇 パレスチナの知識がなくても普遍的な面白い不条理劇だと思う。ただ、なにか知識があると…後半は何度も嗚咽した。 男の叫びは不条理な現状への遠吠えだった。女も、母も、現実と照らし合わせると無情だ。しかも… https://t.co/1lTct7mYZH

    約1年前

  8. 名取事務所『帽子と預言者』観劇 遠くからきた「なにか」を殺したのか?…と裁判が行われる。不条理劇。男の口からはパレスチナを彷彿とさせるさまざまなエピソード。1967年の作品だ。その時からパレスチナはこんなに苦しく、ゆがめられ、不… https://t.co/lhmLxnR8NW

    約1年前

  9. 名取事務所「帽子と預言者」「鳥が泣き止む時ー占領下のラマッラー」@劇小劇場2月23日マチネ。パレスチナ演劇の2本立てで四千円はお得。前者はSF不条理劇風、後者は時系列で進む一人芝居。作風違えど、閉じ込められた人間の叫びが聞こえてく… https://t.co/4oAVzz6DYY

    約1年前

  10. 花ちゃん出演の名取事務所『帽子と預言者』『鳥が鳴き止む時 占領下のラマッラー』という舞台を観た。パレスチナの活動家ガッサーンカナファーニーの作品。 前に役作りでたくさん彼の小説を読んだのでとても興味深く。。 生田みゆきさんの演出作品をやっと見れてよかったです✨

    約1年前

  11. 不条理劇とドキュメンタリーという前評判以上の、名取事務所『帽子と預言者』『鳥が鳴き止む時』。舞台美術も音響も、そして音楽も、驚きと面白さに満ちた攻めた演出。アフタートークで『鳥が~』が盛り上がり(物語性)に欠けるという客席からの感… https://t.co/biSyFjJjVN

    約1年前

  12. 【滝沢花野 出演】 名取事務所 「帽子と預言者」 作 ガッサーン・カナファーニー 演出 生田みゆき 2020年2月20日(木)~3月1日(日) @下北沢「劇」小劇場 同時上演「鳥が鳴き止む時」 本日初日です! 劇場にて… https://t.co/jsd6WWlr30

    約1年前

  13. 明日より上演です。2.20〜3.1 滝沢花野さん出演 名取事務所「帽子と預言者」公演情報 https://t.co/DDHwWDiVT5

    約1年前

  14. 今週の『劇』小劇場 名取事務所 「帽子と預言者」 作:ガッサーン・カナファーニー 「鳥が鳴き止む時-占領下のラマッラ-」 作:ラジャ・シェハデ 演出 生田みゆき 2020年2月20日(木)~3月1日(日) 【全席指定】 前… https://t.co/EOWk6qzJQL

    約1年前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大