演劇

第七インターチェンジ第11回公演

列車

デザイン:久枝 きくゑ

0 お気に入りチラシにする

演劇

第七インターチェンジ第11回公演

列車

第七インターチェンジ

熊本市男女共同参画センターはあもにい 多目的ホール(熊本県)

2006/03/25 (土) ~ 2006/03/26 (日) 公演終了

上演時間:

通り過ぎる
透けて見える 向こうの風景は
遠く 近く
響 く

--

とある地方の旧家に暮らす四姉妹の物語。
ある日、東京に暮らす四女が帰省してくる。

病に冒される長女、
田舎暮らしに対する鬱屈した思いを抱いている次女、
家に固執する保守的な三女、
それを厭い反発...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2006/03/25 (土) ~ 2006/03/26 (日)
劇場 熊本市男女共同参画センターはあもにい 多目的ホール
出演 伊澤睦、田中瞳(劇団きらら)、田中紀子、紫川悠、嶋生薫理
脚本 亀井純太郎
演出 亀井純太郎
料金(1枚あたり) 1,500円 ~ 2,000円
【発売日】
サイト

http://www.inter.gs/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 通り過ぎる
透けて見える 向こうの風景は
遠く 近く
響 く

--

とある地方の旧家に暮らす四姉妹の物語。
ある日、東京に暮らす四女が帰省してくる。

病に冒される長女、
田舎暮らしに対する鬱屈した思いを抱いている次女、
家に固執する保守的な三女、
それを厭い反発する四女、
そして彼女たちのいとこにあたる分家の娘。


1940~50年代
1960年代
1970年代


異なる世代における彼女たちの行く先を描いた、
三つの物語。
その他注意事項 25日19:00の回終演後にポストパフォーマンス・トークを
26日14:00の回終了後にバックステージツアーを開催。

当公演と平行して、照明プラン~仕込み~実際のオペレートまでを体験できる、照明WSを開催(講師:伊藤馨氏)。
スタッフ 美術:伊澤睦
照明:伊藤馨
道具:吉ヶ崎ガイン
音響・音楽:工藤ケンジ
情宣美術:久枝きくゑ
制作:転回社

[情報提供] 2007/02/06 09:22 by amagasaya

[最終更新] 2007/02/06 10:17 by amagasaya

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

amagasaya

amagasaya(0)

制作で参加しました。

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大