ピーピング・トム『マザー』

0 お気に入りチラシにする

世田谷パブリックシアター

高知県立美術館(高知県)

他劇場あり:

2020/03/14 (土) ~ 2020/03/14 (土) 開幕前

上演時間:

“現代のピナ・バウシュ”とも称されるピーピング・トム3年ぶりの来日!
「家族」3部作の第2作目は『マザー』をタイトルに、生と死が並ぶ幻想的な世界を描きだす


衝撃的な世界観と驚異のパフォーマンスで観客を魅了する、ベルギーを代表するダンスカンパニー
「ピーピング・トム」。
世田谷パ...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/03/14 (土) ~ 2020/03/14 (土)
劇場 高知県立美術館
出演 ユルディケ・デ・ブール、シャルロット・クラメンス、マリー・ジーゼルブレヒト、フンモク・チョン、ブランドン・ラガール、イーチュン・リュー、シモン・ヴェルスネル、マリア・カラリナ・ヴィエイラ、他
演出 ガブリエラ・カリーソ
振付
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
※チケット代不明のため、暫定的に¥0としています。
サイト

https://setagaya-pt.jp/performances/moeder202003.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2020年3月14日(土)
説明 “現代のピナ・バウシュ”とも称されるピーピング・トム3年ぶりの来日!
「家族」3部作の第2作目は『マザー』をタイトルに、生と死が並ぶ幻想的な世界を描きだす


衝撃的な世界観と驚異のパフォーマンスで観客を魅了する、ベルギーを代表するダンスカンパニー
「ピーピング・トム」。
世田谷パブリックシアターでは、日本に初めてピーピング・トムを紹介し、『Le Sous Sol/土の下』(2009年)、『ヴァンデンブランデン通り32番地』(2010年)、『A Louer/フォー・レント』(2014年)、『ファーザー』(2017年)と継続的に招聘公演をおこなってきました。
「ピーピング・トム=覗き屋」の意味の通り、幻想的な世界を覗き見しているような感覚を引き起こす彼らの作品は、カルト的な人気さえ呼ぶ伝説の舞台として好評を博し、これまで各国で表彰されています。
ダンサー、俳優、オペラ歌手など異なる世界で活躍するアーティストが創り出す、ユーモラスでありエモーショナルなパフォーマンスは、唯一無二の新たなジャンルとして世界にその名を馳せてきました。
劇場でのスリリングな体験にご期待ください。
その他注意事項
スタッフ 【構成】 ガブリエラ・カリーソ
【ドラマトゥルク・演出補佐】 フランク・シャルティエ

[情報提供] 2019/12/19 15:57 by CoRich案内人

[最終更新] 2020/01/27 10:33 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大