元祖演劇乃素いき座

アトリエ春風舎(東京都)

2008/10/23 (木) ~ 2008/10/26 (日) 公演終了

上演時間:

 『虫たちの日』は今や日本前衛劇の古典と位置づけられる別役実氏の中期の作品です。前衛劇の原型の多くがある特異な風景の中での人間の不条理性を刻印していくのを特徴とするが、当作品ではごくありふえた日常の風景そのものが不条理である事象を描いている。
 当今、個の世界の不条理性など、体制権力の強力な...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/10/23 (木) ~ 2008/10/26 (日)
劇場 アトリエ春風舎
出演 土井通肇、森下眞理
脚本 別役実
演出 土井通肇
料金(1枚あたり) 2,800円 ~ 3,000円
【発売日】
前売 2800円 当日 3000円
・本公演は芸術地域通貨ARTS(アーツ)でもご観劇いただけます。
(1ARTS=1円。ARTSは、桜美林大学演劇施設内で施行されている地域通貨です)
・未就学児入場不可
サイト

http://www.komaba-agora.com/line_up/2008_10/ikiza.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明  『虫たちの日』は今や日本前衛劇の古典と位置づけられる別役実氏の中期の作品です。前衛劇の原型の多くがある特異な風景の中での人間の不条理性を刻印していくのを特徴とするが、当作品ではごくありふえた日常の風景そのものが不条理である事象を描いている。
 当今、個の世界の不条理性など、体制権力の強力な条理により、ことごとく整序されてしまい、それらしき物は個人の弱さとか吾儘などと云うレベルでしか扱われなくなってしまったが、当作品では普遍的なる物は常に不条理を根幹として立ち現れることを私たちに想起させるだろう。
その他注意事項
スタッフ 照明:竹廣零二
カンパニープロフィール:
1987年、土井通肇と森下眞理の両名により組織される。以降、創作劇を軸に、呼吸(いき)の肉体的表現を演劇テーマとして、数多くの舞台を創作している。中でも、1991年初演の平田オリザ作『阿房列車』のロングラン公演(今年で18年目)は特記される活動の一つである。

[情報提供] 2008/10/23 02:18 by CoRich案内人

[最終更新] 2008/10/23 02:20 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大