舞踊・バレエ

第3回日本舞踊未来座 彩(SAI)

「檜男=ぴのきお=」「春夏秋冬」

0 お気に入りチラシにする

舞踊・バレエ

第3回日本舞踊未来座 彩(SAI)

「檜男=ぴのきお=」「春夏秋冬」

公益社団法人 日本舞踊協会

国立劇場 小劇場(東京都)

2019/06/21 (金) ~ 2019/06/23 (日) 公演終了

上演時間: 約0時間0分(休憩なし)を予定

日本舞踊の継承と革新を目指し、新作日本舞踊を発表している日本舞踊 未来座。シリーズ第3弾となる本公演では、童話「ピノキオ」の物語をもとにした「檜男=ぴのきお=」と、四季をテーマとした舞踊絵巻「春夏秋冬」が2本立てで披露される。「檜男」には、語りとして坂東巳之助が参加し、「春夏秋冬」の出演者には...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/06/21 (金) ~ 2019/06/23 (日)
劇場 国立劇場 小劇場
出演
演出
振付
料金(1枚あたり) 8,000円 ~ 8,000円
【発売日】2019/03/18
サイト

http://nihonbuyou.or.jp/Performances/detail2/343

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2019年6月21日 (金)檜男(ほし組)・春夏秋冬 12:00 11:30
         檜男(つき組)・春夏秋冬 15:30 15:00
         檜男(ほし組)・春夏秋冬 19:00 18:30
2019年6月22日 (土)檜男(つき組)・春夏秋冬 12:00 11:30
         檜男(ほし組)・春夏秋冬 15:30 15:00
         檜男(つき組)・春夏秋冬 19:00 18:30
2019年6月23日 (日)檜男(ほし組)・春夏秋冬 12:00 11:30
         檜男(つき組)・春夏秋冬 15:30 15:00
説明 日本舞踊の継承と革新を目指し、新作日本舞踊を発表している日本舞踊 未来座。シリーズ第3弾となる本公演では、童話「ピノキオ」の物語をもとにした「檜男=ぴのきお=」と、四季をテーマとした舞踊絵巻「春夏秋冬」が2本立てで披露される。「檜男」には、語りとして坂東巳之助が参加し、「春夏秋冬」の出演者には、人間国宝の井上八千代が名を連ねた。

監修:花柳壽應

「檜男=ぴのきお=」
脚本・演出・振付:西川扇与一
振付:花柳せいら
語り(録音):坂東巳之助

ほし組
檜男:花柳大日翠
かりん:若柳佑輝子
こおろぎ安:花柳輔蔵
おじいさん:若柳彦三衛門
ほか

つき組
檜男:藤間爽子
かりん:中村梅
こおろぎ安:松風光陽
おじいさん:猿若清方
ほか

「春夏秋冬」
振付:藤間恵都子(春)、花柳基(夏)、井上八千代(秋)、五條珠實(冬)
出演:井上八千代 ほか
未来座立ち上げメンバーの1人である松本幸四郎は、「私は、本公演の担当理事として一座を支えます」と自身の役割について述べ、「いつもは舞台に立つ人間として関わっていますが、舞台に立つ方々を盛り上げ、激励し、プレッシャーをかけて刺激的な公演になるように頑張ります」と意気込みを語った。
松本幸四郎コメント
松本幸四郎

松本幸四郎
今年で3回目になる新作舞踊公演「未来座 SAI」は、ピノキオを題材とした舞踊劇「檜男(ぴのきお)」と四季を艶やかに踊る「春夏秋冬」の二作品を上演します。
今年は「SAI」を「彩」という漢字を当てました。
優しい心の彩を描いた舞踊劇「檜男(ぴのきお)」
四季がある日本の豊かな彩を踊る「春夏秋冬」
新たな年号になる2019年、新たな日本舞踊の誕生を多くの方にご覧いただけるようご協力をお願いいたします。
私は、本公演の担当理事として一座を支えます。
いつもは舞台に立つ人間として関わっていますが、舞台に立つ方々を盛り上げ、激励し、プレッシャーをかけて刺激的な公演になるように頑張ります。
また、今回は、坂東巳之助さんが、初の未来座出演、初の語りで参加されます。
そして、人間国宝でもある井上八千代先生の初出演が叶ったことは、嬉しい限りです。
この公演でないとありえない組み合わせでの日本舞踊新作公演です。
心よりお願いいたします。
その他注意事項 チケット料金:8,000円(全席指定・税込)
(1)25歳以下は3,000円、15歳以下は6,000円を当日会場受付にてキャッシュバック。(2)障害者割引1,000円を当日会場受付にてキャッシュバック。※前売・当日売に関わらずキャッシュバックいたします。公演当日に限ります。(1)(2)ともに年齢が確認できる証明書、障害者手帳を日本舞踊協会受付にご提示ください。
スタッフ ■スタッフ:
監修/花柳壽應

◆「檜男(ぴのきお)」
脚本、演出、振付/西川扇与一
振付/花柳昌太朗
作曲/麻吉文、鶴澤津賀寿
衣裳アドバイザー/花柳登貴太朗

◆「春夏秋冬」
振付/藤間恵都子(春)、 花柳基(夏)、井上八千代(秋)、五條珠實(冬)
美術/矢萩春恵

舞台監督/清野正嗣
音響プラン/市来邦比古
照明プラン/品治尚貴
大道具/金井大道具(株)
小道具/松竹衣裳(株)小道具課
衣裳/松竹衣裳(株)
かつら/(株)大澤
照明、音響/(株)パシフィックアートセンター
制作/吾妻徳穂、中村梅彌、花柳輔太朗、松本幸四郎
吾妻寛彌、花柳源九郎、花柳幸舞音、花柳寿美藏、若柳里次朗

全1時間50分を予定
①「檜男」52分
 ~休憩25分~
②「春夏秋冬」33分

[情報提供] 2019/12/07 00:58 by 長寿郎

[最終更新] 2019/12/07 01:18 by 長寿郎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大