演劇

多摩川アートライン アートラインウィーク2008「多摩川劇場」

柴幸男『川のある町に住んでいた』

多摩川アートラインプロジェクト

東急多摩川線電車内(東京都)

2008/11/02 (日) ~ 2008/11/03 (月) 公演終了

上演時間:

私の町には川があった。用もないのに私はよくそこへ行った。堤防にはいつもまばらに人がいた。犬の散歩をする人、砂場で遊ぶ子供、野球をしている人、寝てる人。そこにいるのはいつも見知らぬ誰かだった。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/11/02 (日) ~ 2008/11/03 (月)
劇場 東急多摩川線電車内
出演 宇田川千珠子(青年団)、黒川深雪(InnocentSphere/toi)、鯉和鮎美、斎藤淳子、菅原直樹、武谷公雄、藤一平
脚本 柴幸男
演出 柴幸男
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
【多摩川劇場の入場受付のご案内】
多摩川劇場は、多摩川アートライン2008のために、通常のダイヤの合間に運行する特別車両です。皆様の乗車をお待ちしています。

1)運行日時
11月2日(日)・3日(月・祝)各日とも14時に運行します。

2)入場方法
当日11時より、東急多摩川線「多摩川駅」改札外のインフォメーションセンターにて、整理券をお配りします。
・各回150枚の整理券をお配りします(車両指定・各車両50枚ずつ)。定員になり次第閉め切らせていただきます。
・車両ごとに、上演作品が異なりますのでご注意ください。
・おひとり様、1回につき1枚の整理券を発行します。
・ご乗車には必ず整理券及び乗車券(蒲田駅→多摩川駅)が必要となります。
・当日集合場所と時間をお知らせします。
・上演時間は約15~30分を予定しています。(雨天荒天の場合は、変更の可能性があります)
サイト

http://tamagawa-art-line.jp/2008/10/2008_4.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 私の町には川があった。用もないのに私はよくそこへ行った。堤防にはいつもまばらに人がいた。犬の散歩をする人、砂場で遊ぶ子供、野球をしている人、寝てる人。そこにいるのはいつも見知らぬ誰かだった。
その他注意事項 【多摩川劇場とは】
東急多摩川線の三両編成の車両におけるパフォーマンス。
3人の気鋭の作家、演出家が、車内を舞台に、
日常の身体と言葉をキーワードにそれぞれ異なる物語を展開します。
上演時間は、「蒲田駅」から「多摩川駅」までの約10分あまり。
乗客や窓からみる風景さえも劇中の一部として巻き込みながら
行われるパフォーマンスです。皆様のご乗車をお待ちしています。

【多摩川劇場の入場受付のご案内】
多摩川劇場は、多摩川アートライン2008のために、通常のダイヤの合間に運行する特別車両です。皆様の乗車をお待ちしています。

1)運行日時
11月2日(日)・3日(月・祝)各日とも14時に運行します。

2)入場方法
当日11時より、東急多摩川線「多摩川駅」改札外のインフォメーションセンターにて、整理券をお配りします。
・各回150枚の整理券をお配りします(車両指定・各車両50枚ずつ)。定員になり次第閉め切らせていただきます。
・車両ごとに、上演作品が異なりますのでご注意ください。
・おひとり様、1回につき1枚の整理券を発行します。
・ご乗車には必ず整理券及び乗車券(蒲田駅→多摩川駅)が必要となります。
・当日集合場所と時間をお知らせします。
・上演時間は約15~30分を予定しています。(雨天荒天の場合は、変更の可能性があります)
スタッフ 制作:佐藤泰紀(STスポット)
舞台監督:原口佳子
進行アシスタント:高須賀千江子、安田裕美、横内里穂
多摩川アートラインプロジェクト・パフォーミングアーツディレクター:岡崎松恵

[情報提供] 2008/10/17 10:59 by ヤス

[最終更新] 2008/12/25 04:23 by 柴幸男

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー2

柴幸男

柴幸男(0)

作・演出

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大