四国学院大学

四国学院大学ノトススタジオ(香川県)

2019/11/28 (木) ~ 2019/12/01 (日) 公演終了

上演時間:

演劇やコンテンポラリーダンスといった身体表現、

音響や照明をはじめとするスタッフワークを、

講義やワークショップ、学内公演などで学んでいる学生が、

作品の企画から公演まですべて自分たちで行う”自由で実験的な公演”。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/11/28 (木) ~ 2019/12/01 (日)
劇場 四国学院大学ノトススタジオ
出演
脚本
演出
料金(1枚あたり) 0円 ~ 0円
【発売日】
入場無料
※各作品ごとにご予約ください。
サイト

http://www.notos-studio.com/contents/event/event/3931.html

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 2019年
11月28日(木)19:00 『舞姫』
11月29日(金)19:00 『稲生物怪録~物怪編~』
11月30日(土)17:00 『舞姫』『稲生物怪録~物怪編~』
12月01日(日)14:00 『稲生物怪録~物怪編~』
※受付開始は開演30分前、開場は開演15分前
※上演時間 舞姫:約70分/稲生物怪録:約40分
※2作品上演日は途中15分休憩あり
説明 演劇やコンテンポラリーダンスといった身体表現、

音響や照明をはじめとするスタッフワークを、

講義やワークショップ、学内公演などで学んでいる学生が、

作品の企画から公演まですべて自分たちで行う”自由で実験的な公演”。
その他注意事項
スタッフ 〇舞姫
作:森鴎外 演出:江島慶俊

[あらすじ]
明治時代半ば、激動の時代の海の上、日本に向かう船の二等室で、
帰国中の留学生、太田豊太郎は苦悩していた。自身の悔恨に。憂いに。
白紙の日記帳に記すのは、留学中のあらまし、憂いの故。
伯林(ベルリン)にて豊太郎の背負った罪が、船の一室から展開されていく。

[出演]
小﨑彰一 野久保弥恵 堀慎太郎 安田有里

[スタッフ]
照明:宮地真優
照明補佐:長尾淳美
音響:藤本友惟



〇稲生物怪録~物怪編~
演出:山岡真大朗

[あらすじ]
広島県三次市に伝わる「稲生物怪録」。
絶対に驚かない男である平太郎を驚かそうと画策するが返り討ちにされる。
なんとか驚かそうと会議を始める妖怪達だったが会議はあらぬ方向に向かっていく。

[出演]
西原侑呂 太田奈緒 大瀬戸正宗 木村伊蕗 栂崎朝香 福島優菜

[スタッフ]
照明:山岡真大朗
音響:服部陽奈
舞台美術:原田忠熙

[情報提供] 2019/10/30 11:49 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/10/30 11:49 by CoRich案内人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大