演劇

劇団大樹25周年記念公演

森蔭アパートメントその10年後

半月カフェの出来事

1 お気に入りチラシにする

演劇

劇団大樹25周年記念公演

半月カフェの出来事

森蔭アパートメントその10年後

劇団大樹

小劇場てあとるらぽう(東京都)

2020/04/22 (水) ~ 2020/04/26 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間40分(休憩なし)を予定

あれから10年。童話作家の森蔭宏一郎は、作家として売れ始め、住人が少なくなった「森蔭アパートメント」はカフェに改装されました。庭の大きな樹の下には、猫のムッシュのお墓があって。カフェを任されているのは、当時中学生だったこまちゃんです。過去の住人とのエピソードを交えながら、こまの母ふみ、人形使い...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2020/04/22 (水) ~ 2020/04/26 (日)
劇場 小劇場てあとるらぽう
出演 川野誠一、中嶋野乃、佐藤愛里奈、宇江山ゆみこ、北村允志、Padma、村上優太、俵一、彩愛玲(ハープ奏者)
脚本 み群杏子
演出 斉藤貴
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 4,000円
【発売日】2020/03/01
前売:3500円 当日:4000円 
学生割引:3000円(要学生証)
日俳連割引:3000円(要会員証)
サイト

https://taiju5.wixsite.com/half-moon-cafe

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 4月22日(水)19:00
4月23日(木)19:00
4月24日(金)14:00/19:00
4月25日(土)14:00/19:00
4月26日(日)14:00
説明 あれから10年。童話作家の森蔭宏一郎は、作家として売れ始め、住人が少なくなった「森蔭アパートメント」はカフェに改装されました。庭の大きな樹の下には、猫のムッシュのお墓があって。カフェを任されているのは、当時中学生だったこまちゃんです。過去の住人とのエピソードを交えながら、こまの母ふみ、人形使いのナイ、出版社のきいこ、そして、人形の魂と猫の幽霊… 月明かりは優しく密やかに、それぞれの想いに光を照らすのです・・・
その他注意事項 ​◆前作『森蔭アパートメント』 特別上映!
​4月23日(木)14:00~  料金:1000円

◆協賛:ハーベスト、新宿御苑Rosso、opa hair style、やきとりキング。
スタッフ 【花美術】横井紅炎(草月流華道家)【音楽】彩愛玲(ハープ奏者)【舞台監督・装置】長門薫(EWALLC)【照明】篠木一吉(創光房)【製作】間宮知子(風ノ環~かぜのわ~)【宣伝美術】近藤知佳【舞台写真】小杉朋子【制作協力】川野まさみ/鈴木さち/畠山真実【プロデューサー】川野誠一/み群杏子/長門薫【企画製作】劇団大樹。

[情報提供] 2019/10/23 09:15 by 樹太郎

[最終更新] 2020/02/10 09:09 by 樹太郎

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー1

樹太郎

樹太郎(1)

役者・俳優

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大