演劇

サバダミカンダ #001

スタンレーの魔女

サバダミカンダ

赤坂RED/THEATER(東京都)

2008/12/11 (木) ~ 2008/12/23 (火) 公演終了

上演時間:

【スタンレーの魔女】
戦場を舞台にした松本零士作品 ザ・コクピットシリーズに収録されている『スタンレーの魔女』は、2006年9月に御笠ノ忠次率いる全方位型表現者集団「SPACENOID」によって、舞台化。
今回はキャストを一新しての再演となる。
宇宙を舞台にした作品がそのスケール感で圧倒...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2008/12/11 (木) ~ 2008/12/23 (火)
劇場 赤坂RED/THEATER
出演 土屋裕一、日比大介、津村知与支、富岡晃一郎、諸岡立身、ゆかわたかし、鈴木啓文、深澤和明、加藤忠可
脚本 御笠ノ忠次
演出 御笠ノ忠次
料金(1枚あたり) 5,000円 ~ 5,000円
【発売日】2008/11/08
全席指定
サイト

http://www.stanley-no-majo.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 【スタンレーの魔女】
戦場を舞台にした松本零士作品 ザ・コクピットシリーズに収録されている『スタンレーの魔女』は、2006年9月に御笠ノ忠次率いる全方位型表現者集団「SPACENOID」によって、舞台化。
今回はキャストを一新しての再演となる。
宇宙を舞台にした作品がそのスケール感で圧倒する一方、これまでシリーズ名を変えながら30年以上に渡って描き続けられ、“戦争”というテーマを常にパーソナルな視点且つニュートラルに描いた人間模様、そして紡ぎだされる寥々感…
『スタンレーの魔女』は、そんな作品群の珠玉の一話である。

【あらすじ】
「無念の涙をのんでひきかえす私が、ふと、ふりかえった時……。山が笑っていた。」
太平洋戦争中、ニューブリテン島のラバウルを飛び立った日本軍爆撃隊。
海を渡り、標高5千メートル級の山々を湛えたニューギニア島のスタンレー山脈を越え、連合国軍基地のあるポートモレスビーを目指す。
その中の一機が最後に挑んだ頂とは…。
※ 松本零士著 戦場漫画シリーズ「THE COCKPIT」に収録されている短編漫画。

【サバダミカンダ】
公演後は毎回沖縄に行く、もしくは行こうとすることを定義する*pnish*土屋裕一とSPACENOID御笠ノ忠次を中心とした新ユニット。ユニット名は前回二人と一緒に沖縄に行った共演者のK.Kさん。
その他注意事項
スタッフ 原作:松本零士 脚本・演出:御笠ノ忠次
美術:小林岳郎 照明:津村裕子(アートブレーンカンパニー) 音響:前田真宏
衣裳:佐藤明子 舞台監督:伊東龍彦 桑原淳
WEB:新藤 健 票券:西川悦代 制作助手:井手江夢 制作:佐々木康志
音楽協力:SeanNorth 協力:零時社 小学館 主催・製作:ゴーチ・ブラザーズ

[情報提供] 2008/10/12 00:39 by CoRich案内人

[最終更新] 2009/03/04 02:03 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

このページのQRコードです。

拡大