演劇

第六次思春期公演

リャ・リャ・リャナンシー

デザイン:黒田哲平

0 お気に入りチラシにする

演劇

第六次思春期公演

リャ・リャ・リャナンシー

Voyantroupe

阿佐ヶ谷アルシェ(東京都)

2019/11/13 (水) ~ 2019/11/17 (日) 開幕前

上演時間: 約1時間40分(休憩なし)を予定

Voyantroupe思春期公演公演が贈るオカルトホラー演劇第3弾 
今回は妖怪ではなく妖精
ほんのり切ないオカルトロマンスをお届けします

《STORY》
銀雪曇るN県S市の大山麓はその峰の隘間にひっそりと浮かぶ湖。名もなきその湖には、妖精が現れるという。令和元年のこの時代でさえ、...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/11/13 (水) ~ 2019/11/17 (日)
劇場 阿佐ヶ谷アルシェ
出演 平良和義、山口晃洋、里仲景、渡辺一人(以上、Voyantroupe)、飯島香愛子、宇田川佳寿記(演劇制作体V-NET・ラビット番長)、海棠せな、柏木亜美(八田プロダクション)、清藤ひとみ、酒井菜々夏、JUN(サテライト東京)、廣井真知子、藤白結子、瑞希、宮守伶奈、矢吹穂乃香(MMEWorks)、山本蓮
脚本 宇野正玖
演出 宇野正玖
料金(1枚あたり) 3,500円 ~ 3,800円
【発売日】2019/09/29
【チケット】(税込・全席自由)
前売券:3,500円
当日券:3,800円
サイト

http://voyantroupe.com/

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月13日(水)15:00【陽炎】/19:00《逃水》
11月14日(木)14:00《逃水》/19:00【陽炎】
11月15日(金)14:00【陽炎】/19:00《逃水》
11月16日(土)14:00《逃水》/19:00【陽炎】
11月17日(日)13:00【陽炎】/16:30《逃水》

※開場・受付開始は上記開演時刻の30分前となります

※当公演は《陽炎(かげろう)の怪》、《逃水(にげみず)の怪》の2チームからなるダブルキャスト公演です。

【陽炎の怪 出演者】
平良和義 山口晃洋 渡辺一人 井口ジョージ
矢吹穂乃香 JUN 柏木亜美 瑞希 山本蓮 藤白結子 里仲景

《逃水の怪 出演者》
平良和義 山口晃洋 渡辺一人 井口ジョージ
酒井菜々夏 宇田川佳寿記 宮守伶奈 清藤ひとみ 海棠せな 廣井真知子 飯島香愛子
説明 Voyantroupe思春期公演公演が贈るオカルトホラー演劇第3弾 
今回は妖怪ではなく妖精
ほんのり切ないオカルトロマンスをお届けします

《STORY》
銀雪曇るN県S市の大山麓はその峰の隘間にひっそりと浮かぶ湖。名もなきその湖には、妖精が現れるという。令和元年のこの時代でさえ、いると噂されれば行かずにおけない人たちがいる。S大学ユーチュー部の顔ぶれがまさにだ。部長の赤倉舞子はS市山麓の探検に乗り出した。リャナンシーを見つけ出し、動画を配信しようという。彼らが目指すは一流ユーチューバー。これほどの特ダネはなかった。
詩作の才能を授ける代わりに恋人の精気をすする、妖精リャナンシーは確かに存在する。しかし問題は、詩の才能など望むわけもない現代人の悪しき心だった。妖精は畏れ崇める対象ではなく今や商売の道具に。薄幸の佳人は時代錯誤か。忘れえぬ小さなロマンスを覗き見てみよう。



《リャナンシーとは》
アイルランドに伝わる美しい女性の姿をした妖精。気に入った男性の前だけにその姿を現し、愛を求める。彼女の愛に応えた男は、詩や歌声の才能を授かるが、リャナンシーは引き換えに彼から精気を吸い取り寿命を奪う。また、彼女が男性に愛されなければ、愛されるまで隷属するようにまとわりつき、消耗して死んでしまう。
その他注意事項 未就学児童入場不可
スタッフ 《STAFF》
脚本・演出:宇野正玖(Voyantroupe) 
舞台監督:捌龍
照明:申政悦(untitled light)
美術:澁澤萌
音響:鶏崎鳥郎
制作・宣伝美術:黒田哲平(Voyantroupe)

[情報提供] 2019/09/16 15:36 by 黒田哲平

[最終更新] 2019/10/06 14:13 by 黒田哲平

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー1

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大