演劇

東京芸術祭ワールドコンペティション2019

【アメリカ】ボノボ

汝、愛せよ

0 お気に入りチラシにする

演劇

東京芸術祭ワールドコンペティション2019

汝、愛せよ

【アメリカ】ボノボ

東京芸術劇場

東京芸術劇場 シアターウエスト(東京都)

2019/11/02 (土) ~ 2019/11/02 (土) 公演終了

上演時間:

地球外生命体がやってきたー 「差別」を考える医師たちの、ブラックユーモアあふれるディスカッション

チリの医師たちが国際学会でのパネルディスカッションを準備している。テーマは「いかにして差別を克服するか」。近年、数多くの地球外生命体アメニタスが難民として地球にやってきたが、彼らに差別的な扱...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2019/11/02 (土) ~ 2019/11/02 (土)
劇場 東京芸術劇場 シアターウエスト
出演 ガブリエル・カニャス、カルロス・ドノソ、パウリーナ・ヒグリオ、ギレルメ・セプルベダ、ガブリエル・ウルスーア
脚本 パブロ・マンジ
演出 アンドレイーナ・オリバリ、パブロ・マンジ
料金(1枚あたり) 2,250円 ~ 3,000円
【発売日】2019/09/15
【全席指定・税込】
・前売り:2,500円
・当日:3,000円
・障害者割引:2,250円 (前売りのみ)

※未就学児童は入場不可
※障害者割引は前売のみ、東京芸術劇場ボックスオフィス電話・窓口のみ受付
※車椅子で観劇をご希望の方は東京芸術劇場ボックスオフィスまでお問い合わせ
ください。
サイト

https://tokyo-festival.jp/2019/youshalllove

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 11月2日 (土) 14:00 / 18:00
説明 地球外生命体がやってきたー 「差別」を考える医師たちの、ブラックユーモアあふれるディスカッション

チリの医師たちが国際学会でのパネルディスカッションを準備している。テーマは「いかにして差別を克服するか」。近年、数多くの地球外生命体アメニタスが難民として地球にやってきたが、彼らに差別的な扱いをする医師も少なくないという。暴力はなぜ生まれるのか。「他者」を愛することは果たして可能なのか。集団創作のなかで深められた問いが、ユーモアとアイロニーと切実さを込めて私たちに投げかけられる。
その他注意事項 上演言語:スペイン語 (日本語、英語字幕つき)
スタッフ 舞台美術・衣装・照明デザイン:フアン・アンドレス・リベラ、フェリペ・オリバレス(ロス・コンタドーレス・アウディトーレス)
テクニカルディレクター:ラウル・ドノソ
オリジナル音源:カミロ・カテピリャン
プロデューサー:オラシオ・ペレス
字幕:マリー・トリンカレット

字幕翻訳:古屋雄一郎

[情報提供] 2019/09/11 13:24 by CoRich案内人

[最終更新] 2019/09/11 13:26 by CoRich案内人

この公演に関するツイート

初日1週間前から「団体名」と「公演タイトル」を含むツイートを自動表示します。
(ツイート取得対象にするテキストは公演情報編集ページで設定できます。)

  1. @manmanpochin 汝、愛せよ。されば、愛されん。

    3ヶ月前

  2. 『汝、愛せよ』(チリ)観劇 作品でなにか描こうとすると、その“なにか”に必死でコンセプチュアルになったりする。また戯曲としてまとめようとしたら「お行儀いいよね…」となったりもする。その両方を引き寄せようとしたセンスとナマモノ感が… https://t.co/gOnbZTmMAm

    3ヶ月前

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大