世界の終わりで目をつむる

デザイン:平崎絵理

0 お気に入りチラシにする

東京夜光

小劇場 楽園(東京都)

2018/12/19 (水) ~ 2018/12/24 (月) 公演終了

上演時間: 約1時間35分(休憩なし)を予定

「今年の年末、世界が終わるのね」
真面目な顔で言う彼女のことを、僕はどうやら好きみたいだ。
1ミリたりとも信じることができないのに、
終わるんだから、彼女が見るその先に、僕はいないのに。
どうして一緒にいるんだろう。
「じゃあ、目つむってよ」
世界の終わりで目をつむる。

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2018/12/19 (水) ~ 2018/12/24 (月)
劇場 小劇場 楽園
出演 丸山港都、さかいかな、神谷大輔、砂田桃子(扉座)、佐藤修作(四次元ボックス)、吉田多希(鬼の居ぬ間に)、笹本志穂(民藝)、藤家矢麻刀、草野峻平
脚本 川名幸宏
演出 川名幸宏
料金(1枚あたり) 3,000円 ~ 3,500円
【発売日】
前売 3000円
当日 3500円
(全席自由)
サイト

https://www.tokyoyako.com/attheendoftheworld

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル 12月19日(水) 19:00
12月20日(木) 19:00
12月21日(金) 19:00
12月22日(土) 14:00/18:00
12月23日(日) 14:00/18:00
12月24日(月) 14:00
説明 「今年の年末、世界が終わるのね」
真面目な顔で言う彼女のことを、僕はどうやら好きみたいだ。
1ミリたりとも信じることができないのに、
終わるんだから、彼女が見るその先に、僕はいないのに。
どうして一緒にいるんだろう。
「じゃあ、目つむってよ」
世界の終わりで目をつむる。
その他注意事項
スタッフ 舞台監督:浦本佳亮
照明:山本創太(ASG)
音楽:森優太
音響:中村光彩
衣装:YUMIKA MORI
宣伝美術:平崎絵理
制作:半田桃子 村田紫音
制作協力:gina creative management
協力:尾木プロTHE NEXT フラッシュアップ Diamond Rush 劇団扉座 劇団民藝 鬼の居ぬ間に 四次元ボックス ASG 至福団
企画・製作・主催:東京夜光

[情報提供] 2019/08/29 22:51 by じべ。

[最終更新] 2019/08/29 22:51 by じべ。

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

チケット取扱い

この公演に携わっているメンバー0

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大